目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

事前に知っておくべきブローリフトのデメリット3つの解説

眉が下がったことで起こる頭痛や肩こりなどの症状を改善

ブローリフトを行うと年齢とともに下がってしまった眉を高い位置に戻すことができ、若々しい外見を取り戻すことができますし、上まぶたのたるみも改善されますので、視界がよくなる、おでこのシワが目立たなくなる、眉が下がったことで起こる頭痛や肩こりなどの症状を改善することもできます。

ブローリフトはメリットも多くありますが、デメリットとしては皮膚を切除して行う治療となりますので、仕上がりが気に入らなかった場合も修正が難しくなることがあげられます。

そして担当する医師の技術力が未熟であると、眉の高さに左右差が出てしまう可能性もありますし、引き上げが足りない、たるみが残ってしまうというトラブルが起こる可能性もありますので、できるだけ技術力の高い医師に対応してもらいましょう。

治療の技術力が不足している場合は、仕上がりに不満が残るだけではなく、内出血や腫れなどのダウンタイムが長引いてしまうこともあります。
患部の洗顔やメイクは一定期間制限も出ますので、こちらも治療前によく確認しておきましょう。

ブローリフトのデメリット

<ブローリフト>のデメリットまとめ!

加齢とともに皮膚は下がってくる傾向にありますが、おでこの皮膚が下がってくると眉の位置も下がってしまいますし、額のしわ、上まぶたのたるみなども目だってきます。

若々しさを取り戻すにはたるんだ皮膚を上に引き上げる必要がありますが、マッサージなどの努力だけでは十分な改善を得るのは難しいものがあります。

高い改善効果を期待するのであればやはり美容整形ということとなりますが、こうした場合はブローリフトと呼ばれる施術が良い改善を期待することができます。

ブローリフトはおでこの皮膚を切り、引き上げて留め直す治療となっていますが、治療を行うことで眉の位置があがり、額のシワが目立たなくなる、まぶたのたるみが改善されるなど様々なメリットがあります。

若々しさを取り戻すのにとても有効な治療となっていますが、メスを使った本格的な治療となりますので、治療を行う前はそのデメリットや治療のリスクについてもよく確認しておきましょう。

 

傷跡が残ってしまうリスクについて

目元というのは、その人の顔の印象を大きく左右する重要な箇所です。そのため、上瞼にたるみがあるとその部分が気になってしまい、何とか取りたいと考える女性は少なくありません。その際に女性の多くが選ぶ整形手術の1つが、ブローリフトだったりします。この施術は瞼のたるみだけでなく、額の皺を解消出来るフェイスリフトです。ただし皮膚を切除するため、場合によっては目立つ形で傷跡が残るケースもあるので、病院選びは慎重に行う必要があります。

二重幅が変わるデメリットが生じる理由

ブローリフトは皮膚を切開しつつ、眉毛の位置を変える事が出来るので、たるみを除去出来るだけでなく、顔の印象もかなり変化させる事が可能な整形手術です。そのため、二重幅が変わるというデメリットも生じるので、眉の位置等を上手く調整する必要があります。なので技術力の低い医師に執刀を任せてしまうと、顔付きが不自然になってしまう恐れもあるので、必ず信頼出来る医師を選んで、執刀して貰うべきです。

たるみが取れないケースが起こってしまう訳

年齢と共に、上瞼に目立つ形でたるみが生じてしまう人が多かったりします。そのため気になる目元のたるみを除去すべく、ブローリフトの手術を受けるという人が多いです。確かにこの施術を受ける事で、たるみを取る事が出来ます。ですがあくまでそれは手術に成功した場合の話であり、調整に失敗してしまうと、手術を受けても上手くたるみが取れないケースが生じてしまうので、その点には十分注意すべきです。

施術を受ける際は名医を探し出すべき

ブローリフトは、上瞼のたるみや額の皺を取るのに有効な整形手術であり、受ける事で若返りの効果が期待出来ます。ただし整形手術である以上、失敗してしまうリスクは付き物です。なので手術を受ける際は、出来るだけその失敗を避ける様に腕の良い、名医に執刀を依頼する必要があります。

当相談所では、ブローリフトの執刀経験が豊富で技術力の高い名医を、ご紹介しているので、お気軽にご連絡下さい。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*