目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の効果と失敗・修正を徹底調査!

眼瞼下垂(挙筋短縮法)とメリット

眼瞼下垂とは、上まぶたの筋力が落ちて筋肉が伸び、まぶたが下がっている状態をいいます。

原因としては、先天性の場合と後天性の場合があります。

先天性眼瞼下垂は、生まれつき眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げる筋肉)が弱くまぶたが黒目の上まで上がらない状態で、後天性眼瞼下垂は、上瞼の外相やコンタクトレンズによる刺激、老化などにより眼瞼挙筋が衰えてしまった状態です。

眼瞼下垂の手術は保健医療でも行っております。保険適応されるケースは、黒目の半分程度が隠れているような状態で老人性の眼瞼下垂の場合がほとんどです。

保険適用となる場合は機能重視ですので、デザインなど美容面が重視の方、傷跡を少しでも綺麗にしたい、二重もぱっちりとしたいなどと行った美容的な希望を達成させるためには自費診療をお薦めします。

眼瞼下垂治療には、挙筋短縮法の他にも、腱膜前転法筋膜移植術挙筋前転法などさまざまな術式があります。

挙筋短縮法は、伸びきってしまった眼瞼挙筋の一部を切除することで全体を縮め、弱い力でもまぶたを大きく持ち上げることができるようにして、はっきりとした目もとを手に入れる治療法です。

皮膚側から切開する方法と、結膜側から切開する方法があり、まぶたの状態や医師の診察にもよりますが、二重ラインを作りたい場合は皮膚側から切開します。ラインを作りたくなかったり、今の状態を維持したい場合は結膜側(=裏側)から切開すします。

直接筋肉を縮めることになるので、重度の眼瞼下垂も改善することができます。
また、皮膚から切開を行う挙筋短縮法の場合、二重まぶたを同時に形成することができます。

是非失敗しないために名医を選択しましょう。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の効果と失敗・修正を徹底調査!

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の名医と有名病院

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の症例数が多いだけではなく、クオリティの高い眼瞼下垂(挙筋短縮法)の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

目の整形の名医-失敗と効果

眼瞼下垂(挙筋短縮法) 症例写真

症例画像①

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の美容整形・手術・治療

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の整形では、技術が低いドクター・クリニックを選びますと失敗してしまうリスク・トラブルがございます。カウンセリングが5分で終了したり、アフターケアが杜撰なクリニックも多いです。

こういった失敗・修正・再手術を回避するために、よりリスクを回避した名医選びをご相談窓口で提案しております。
ご希望の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

目・二重まぶたの美容整形の種類については下記をご参照ください。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の失敗・修正・再手術

眼瞼下垂(挙筋短縮法)では、腱膜をどのくらい縮めて固定するかによって、まぶたの開き、二重の幅も変わってきます。ドクターの技術の差で仕上がりが大きく変わってきます。交感神経と関係のあるミュラー筋を傷つけるリスクが高く、挙筋前転法での改善が見込めない場合のみ適用される手術です。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の失敗とは?で説明した通り、挙筋短縮法は難易度が高く、失敗してしまうと修正・再手術を難しくしますので、初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の効果・仕上がり・アフターケア

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。
二重幅の左右差・傷跡・バレバレのラインなどによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

眼瞼下垂(挙筋短縮法)のトラブル・リスク・デメリット・後遺症

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の整形にはデメリットが付き物です。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。目・二重まぶたの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。眼瞼下垂(挙筋短縮法)の代表的なトラブル・リスクとしては、傷跡、後戻り、二重幅の左右差・バレバレのライン・目頭側と目尻側のラインの消失などが考えられます。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

目・二重まぶたのトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

関連する治療法眼瞼下垂(挙筋短縮法)のリスクとは?

眼瞼下垂(挙筋短縮法)のダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムは2週間程度が目安となります。

ダウンタイム中は数日間冷やしていただき、メガネなどで患部をカバーされるのがオススメです。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の料金相場と安い価格・料金

安いと40万円、費用相場は60万円位です。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)のまとめとオススメ

目の整形を失敗している方の中には、料金やネット上の口コミあるいは広告が上手な病院というだけで美容外科を選んでしまっている方が多いです。
ドクター一人一人の技術力で判断をしていただかないと失敗してしまいます。

オススメの名医のランキングをご紹介しておりますので、名医の紹介希望の方はお気軽にご連絡くださいませ。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*