目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

ドールチークのデメリットは?

ドールチークという整形手術が、若い女性の間で人気を集めています。この施術を扱う美容整形外科も増えてきているので、名称を聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。そもそもドールチークとは、その名の通り人形のように膨らんだ愛嬌のある頬にするための施術のことを指します。頬が平坦だったり、陥没していたりすると、第一印象が薄くなったり、老けたような印象を与えてしまいがちです。ごつごつした頬骨が目立って、きつい印象を与えてしまうこともあります。そこで、ドールチークの施術を行うことによって、ふっくらした若々しい顔や、立体感のある顔を目指すことができるのです。主に、ヒアルロン酸や脂肪などを注入したりすることによって、頬を膨らませる施術が一般的です。
しかし、効果の高い施術のため、メリットだけではなくデメリットも確かに存在しています。きちんとデメリットについても理解した上で施術を受けるように心がけましょう。

ドールチークのデメリット

医師の技術が未熟だとアンバランスな印象になりかねません

ドールチークのデメリットとして、失敗のリスクがあるということができます。たとえば、頬に注入したヒアルロン酸や脂肪が固まり、しこりになってしまうという可能が考えられます。もしこのようなしこりができてしまうと、メスで切除して取り除いたり、溶解注射を打ったりする必要があるので注意しましょう。また、医師の技術が未熟だと、左右異なった膨らみ方となってしまい、アンバランスな印象となってしまいます。仕上がりが、イメージと違うということも考えられます。このような失敗が起きてしまった際には、修正を行わなければいけません。
また、施術の際に傷跡ができてしまうことがあります。しばらくすると肌に馴染んで目立たなくなりますが、気になると感じる人も多いので、アフターケアが大切となってきます。
手術には麻酔を使用しますが、この麻酔が体に負担をかけてしまうことも多いです。
このようなドールチークのデメリットを回避するためには、技術が高い医師に施術を依頼することが必要です。名医を探したいと思った時には、お気軽にご連絡ください。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*