目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

クマ取り整形を受けるならリスクも理解しておくことが大事

年齢以上に老けてみえるクマには、さまざまなタイプがあります。
くぼみによる陰グマには、ヒアルロン酸を注入してふっくらさせることで、陰を作っているくぼみを解消し、しわも伸ばすことができます。
目袋による脂肪グマには、下瞼の内側からゆっくりと脂肪を除去することで、凹凸や傷跡が残らずにクマを解消することができます。
ハリがなく血色の悪さによるくすみグマには、皮膚を活性させることで、血行をよくしハリを引き出すことで肌が明るくなります。

クマがあると、いつも疲れて見えたり、老けてみられることが多く、明るく若々しい目元にするには、クマ取り整形がおすすめです。
何とかしたいけど、切る手術に抵抗がある人や、傷跡が心配であきらめている人も、メスを使わずにレーザーで小さな穴をあけて脂肪を抽出する方法もあるので、気軽に治療を受けることができます。

ただクマ取り整形手術には、医師の高度な技術が必要で、リスクを減らすためにも、事前のカウンセリングをしっかりと行っているクリニックを選ぶことが大切です。

クマ取り整形のリスク

加齢による下瞼のたるみや膨らみ、クマを解消する美容整形

目の下のクマは、年齢とともに目の下の靱帯がゆるんでしまうことで、脂肪が下がることが原因です。
目の周囲の筋肉は、動きが激しいのでたるみが進行しやすい部分です。特に目の下のクマやたるみは目立ちやすく、老けた印象を与えてしまいます。
クマ取り整形手術は、加齢による下瞼のたるみや膨らみ、クマを解消する美容整形です。

クマ取り整形手術は、目の下のクマを目立たなくすることで、若々しい目元の印象を作ることができます。ただ脂肪を多く取りすぎて凹んでしまったり、眼球内に皮下出血がでるなど、リスクも伴います。
このようなリスクは失敗へとつながってしまうので、施術を受ける前には、技術の高い経験豊富な医師を選ぶことが重要なポイントとなります。
レーザーによる脂肪抽出の場合、1週間程度で腫れは引いて行きます。結膜側から手術を行う場合には、腫れは2週間程度続きます。ただ個人差もあり腫れが引きにくい体質の人もいるため、ダウンタイム期間を長めにみることをおすすめします。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*