目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

クマ取り整形に失敗すると起こる4つの症状

クマ取り整形で起こりえる失敗例、効果・変化がないなんてあるの?

クマ取り整形はその人の見た目を若若くしたり、何より元気な印象にする事もできるので人気がある方法です。
ただ実際には失敗してしまう可能性もあり、その失敗によってどのような事が起きてしまうかと言う事を知った上で手術を受けなければいけません。
では、クマ取り整形の失敗とはどのような物あるでしょうか。

一つは傷が残ってしまうと言う事です。
クマ取り整形では脂肪を取り除くことによってクマを取り除く方法が選ばれますが、人によっては目の周りに思っていなかった傷が残ってしまう事があります。
その傷の状態は人によっても大きく違い、本人がただ気にしている程度で済んでいる場合もあれば、時にはメイクをしたとしても何だか違和感のある状態になってしまう場合もあります。
これに関しては医師の技術にも大きく左右されるところがあるので、出来るだけ高い技術を持っている医師に手術をしてもらう必要があります。
そうすればこうした状態にはなりにくくなると言えます。

クマ取り整形の失敗

クマ取り整形の効果・変化がない

くまは、なくしたいものです。
くまが顔にあるだけで、元気がなさそうな印象になってしまうからです。
くまの原因は、血行不良や脂肪のたるみ、色素沈着などです。
方法としては、ヒアルロン酸や脂肪を注入したり、目の下のくぼみをとる方法があります。
しかし、施術を受けても効果・変化がない場合もあります。
効果が出ない理由は、医師の技術不足や経験不足が大きく関係しています。
技術がある医師を選ぶことが大切です。

くま・たるみが取れない

クマ取り整形を受けても、くま・たるみが取れないこともあります。
下眼瞼切開法や下眼瞼脱脂術を行なうことが多いのですが、傷跡が残ったり左右非対称になる場合もあります。
ダウンタイムは2週間前後になるのですが、痛みがある場合は冷やしたり、薬を飲んだりします。
ヒアルロン酸を注入したり、レーザーで治療をした場合は、効果が持続しにくいので、数回通院をして何回か施術を受けていくことが大切です。

腫れや内出血が長引く

くま取り整形を受けた後の、腫れや内出血が長引く場合があります。
個人差はありますが、だいたい2週間ぐらいでひいてくるものなのですが、大きな腫れはもう少し時間がかかってしまいます。
レーザー治療の場合は1週間ぐらいでひいてきます。
しかし、腫れがひきにくい体質の方はこれ以上かかってしまいますので、ダウンタイムを長くおいてアイスパックで冷やすようにしていくとマシになります。
処方された薬をしっかり飲みましょう。

ダウンタイムが長引いて、改善しない

クマ取り整形の失敗としては、内出血が酷く残ってしまうと言う物があります。
基本的に目の周りというのは皮膚もとても薄く、どうしても刺激に対して弱い場合も少なくありません。
また内出血等も起こしやすく、さらに人によってはその状態がなかなか改善しないと言う場合もあります。

クマ取り整形にも勿論ダウンタイムがあるのですが、世間一般で知られている様なダウンタイムではなかなか状態が改善しない場合もあるので注意が必要です。
また時には色素沈着してしまう事もあり、クマ自体は解消されたはずなのですが結果的に目の周りの色が少し黒ずんだ感じになってしまうと言う場合もあります。

従って100%きれいにクマを取り除く事が出来るかと言ったら決してそうではなく、人によってはまた別の悩みが発生してしまう様な失敗が起こりうると言う事を知っておかなければいけません。
クマ取り整形を受ける時はどのような失敗例があるのか、さらにその場合はどういう対処をしてもらうかと言う事も予め知っておくべきです。

クマ取り整形の失敗

おすすめの美容外科とは

クマ取り整形は、成功すればいいのですがリスクも高いので、失敗することも考えられます。
成功させるためには、腕のいい医師がいるクリニックを選ぶことが非常に大切です。
クリニックの選び方がわからない場合は、名医がいるおすすめの美容外科を紹介していますので、お気軽にご連絡ください。
顔のクマがなくなると明るい印象になり、化粧映えもします。
いいクリニックを見つけて、クマ取り手術を成功させましょう。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*