目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

フォーエバー二重術のダウンタイム、痛みに弱くても大丈夫?

フォーエバー二重術は二重まぶたを作る、美容整形の1つです。
また、メスを使う事なく二重まぶたを形成する事から、プチ整形とも言われています。
同じ、メスを使わずに二重まぶたを作るプチ整形には、埋没法という方法がありますが、フォーエバー二重術は埋没法よりも、より二重のラインが取れにくいという点が特徴です。
糸でまぶたの皮膚を固定し、二重のラインを作るのは同じですが、特殊な方法で留めるという事もあり、埋没法よりも糸が外れにくくなっているのです。
効果に優れているのはもちろん、皮膚を切開・縫合するといった手術を行わない為、施術後の腫れや痛みといったダウンタイムは短めです。
一重まぶたや奥二重にコンプレックスがあり、二重まぶたにしたいけれど仕事などで、長い期間休事ができないという方でも、ダウンタイムの短いフォーエバー二重術であれば、施術を受けやすいのではないでしょうか。
ただし、皮膚に直接施術を行うという以上、腫れや痛みがゼロという事はありません。

フォーエバー二重術のダウンタイム

比較的ダウンタイムが短いプチ整形

フォーエバー二重術は、比較的ダウンタイムが短いプチ整形と言われています。
施術後の腫れや痛みは約3日間程度がピークのようです。
痛みはあるもの、痛み止めを飲めば対処できる程度ですので、痛い事が苦手という方でも受けやすいプチ整形と言えるでしょう。
内出血が出てしまうケースもありますが、2週間程度で自然と消えて行きます。
気になる場合はコンシーラーで、カバーする事も可能です。
目元は2日後からしかメイクできませんが、それ以外であれば当日からメイクをする事ができます。
ダウンタイムが短く、すぐに日常生活に戻りやすい点が、フォーエバー二重術のメリットです。
ただし、技術の低い医師が施術を行った場合、腫れや内出血が強く出てしまい、元に戻るまでに時間がかかってしまうケースがあります。
また、失敗のリスクも高まる為、医師選びは十分に行いましょう。
当相談所ではフォーエバー二重術の、名医と言われるような医師をご紹介していますので、施術を希望する際はご気軽にご連絡ください。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*