目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

グラマラスライン形成の効果が期待できるのは?

グラマラスライン形成とは、下まぶたのラインを下げる手術であり、下眼瞼拡大術や、下眼瞼下制術や、たれ目形成とも呼ばれています。グラマラスライン形成は、下まぶたの裏側の結膜部分から切開する手術方法と、皮膚側から切開する手術方法の2種類の方法が存在しますが、通常は下まぶたの裏側の結膜部分から切開して手術するケースが多いです。その場合は、下まぶたの裏側を切開したら、そこから下まぶたを引っ張る筋肉と筋膜を縫い縮めることで下まぶたのラインを下げます。ただし、手術前から逆さまつげの傾向がある場合は、皮膚側から手術することもあります。この場合は、下まぶたのまつげのすぐ下を切開し、瞼を下げる筋膜を縫い縮めて下まぶたを下へと引っ張り、余った皮膚をまつげの下で切り取ります。下まぶたの裏側から手術した場合は、傷跡が目に見える部分に残ることはありません。このようにして、グラマラスライン形成の手術は行われますが、この手術によって、どのような効果が期待できるのでしょうか。

グラマラスライン形成の効果

下まぶたのラインを下げてぱっちりと大きくて丸い目

グラマラスライン形成で下まぶたのラインを下げることによって、ぱっちりと大きくて丸い目を作り出すことが出来ます。そのため、今までつり目できつい印象を与えていた人も、グラマラスライン形成の手術を受ければたれ目を形成できるので、きつい印象から優しい印象へと雰囲気を変える効果があります。それに、下まぶたのラインは、自分の理想通りの形を形成することが可能なので、優しくて柔らかい女性らしい印象を与える目元を作り出したり、大きくて華やかな印象を与える目元を作り出したり、色っぽくてセクシーな印象を与える目元を作り出したりと、どんな印象にも変えられるのです。ただし、ひとつ注意点があります。担当する医師とあらかじめカウンセリングでしっかりと話し合い、どんなイメージのどんな形の目元にしたいのかを理解してもらわなければなりません。この部分の意思疎通がなされていないと、手術が終わったら自分のイメージする形の目元ではなかった、という失敗が起こることもあるのです。

グラマラスライン形成を行っている評判の良いクリニックでたれ目形成

細い目が気になっていて大きくするとともに、愛らしさも欲しいという人に適している方法がグラマラスライン形成で、現在の目の状態に合わせて下まぶたのラインを下げて、黒目の露出が大きくなるように調整します。外側の広がりを大きく見せて白目の範囲が広がることで垂れ目のように見せることもできる手術です。

細いままだと目つきが悪く見えたり、硬い印象の表情に見られることが多くなりますが、目がぱっちりとして大きく垂れ目風になると、癒し系の表情になれる期待が持てます。下まぶたの内側からアプローチを行い、切開して下に引っ張る働きをしている筋肉と筋膜を糸で縫い縮めることで形成して行き、皮膚があまるようであればまつ毛の際で切り取るようにするので、表側からは傷が目立たないで済みます。下まぶたに、もともと逆さまつげがある人は状態を悪化させる懸念があるので、外の皮膚側からアプローチすることがあります。

糸で縫い合わせるだけだと日数が経過するともとに戻ってしまうことがあるので、結膜部分を切開する方法を行うことで垂れ目を長期的に維持できるようになります。技術のある医師でないと満足できる垂れ目のデザインができないため、評判の良いクリニックに行くことで、仕上がりに納得できるグラマラスライン形成の成功を目指すことができます。

希望する目のデザインと似ている芸能人がいるときには、写真を持参して医師のカウンセリングを受けると、下まぶたの下げ幅を決めるシミュレーションを行う際に参考にできて便利です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*