目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

グラマラスライン形成の名医を選ぶ際の3項目

グラマラスライン形成とは、目尻側のまぶたをたれ目のにする手術のことで、手術後は優しく柔和な印象になり、目も大きくなるのが特徴です。グラマラスライン形成では、黒目の外側の下まぶた(下眼瞼)を下げて丸いカーブをつけます。丸いカーブをつけることで、たれ目の印象になります。

手術では、下まぶたの裏側の結膜を切開し、結膜の下にある下まぶたの腱膜(けんまく)を探し、それを短縮するように瞼板という硬い組織を腱膜の奥の方に縫いつけていきます。その後、余った腱膜と結膜を切除して、切開した結膜を縫合します。

手術後、外から見える部分に傷や糸がつかないため、手術を受けたことを人に知られずに済みます。
この手術では、デザインの微調整が可能なため「優しい印象の目が良い」、「丸い愛らしい目にしたい」など色々なイメージの目にすることが出来ます。

しかし、手術で失敗してしまう可能性はゼロとは言えませんので、この手術の症例数が多い経験豊富な名医を探してカウンセリングや手術を受けることが重要となります。

グラマラスライン形成の名医

事前のシュミレーションが大切

グラマラスライン形成は、目元の手術となり微妙なラインの違いで顔の印象が違ってくるため、高い技術も持っている医師を探すことが重要です。そのため、症例数の多さと、高い技術の両方を持った医師を選ぶことが大事です。
また、どのような目元のイメージなのかをしっかりと医師に伝え、事前のシュミレーションをしっかりと行っておくことも大切になります。

そのため「グラマラスライン形成で、患者が希望しているイメージ通りにするには、どのように微調整を行えばよいのか」をしっかり判断出来る判断力も持っていることも大切になります。
名医を選ぶためには、事前カウンセリングをしっかり行っているクリニックを選び、術後のケアや注意すべきことなどについて詳しく教えてくれる医師のもとで手術を受けましょう。
当相談所では、しっかりした判断力や高い技術を持った名医の紹介を行っていますので、この手術を検討している方は、当相談所にお気軽にご連絡下さい。

グラマラスライン形成の名医

口コミで評判のグラマラスライン形成を受けられる美容外科・クリニックはココ

グラマラスライン形成は患者が魅力的に感じるラインと、医師が考えるデザインとに隔たりがあると後悔する仕上がりになりやすいため、シミュレーションを入念に行ってもらう必要があり、一般的に魅惑的になる比率なども参考にするとデザインを決めやすくなります。グラマラスライン形成に対応しているのは、眼瞼形成を得意とする美容外科で集中的に手術が実施されています。

つり目が気になっている人や優しい目元にしたい人にも効果的で、下瞼の中央付近から目尻にかけて垂れ目のような印象になるように形成して行きます。アプローチの仕方はいくつかありますが、下瞼の裏の結膜を切開して、腱膜を縫い縮めて瞼板にしっかりと固定したら結膜の縫合を行います。傷跡が見える心配がなく、結膜切開の場合抜糸の必要もありませんが、経過をみてもらうため術後1週間後くらいに通院が必要になることがあります。ダウンタイムは1週間ほどで、人によっては10日かかることもあります。

医師選びは慎重に!

グラマラスライン形成は安い値段で、両目を250,000円くらいで施術を行っているところがあります。失敗は施術に慣れていない医師が行うと起きる可能性があって、中央よりも目頭側から下がり始めるようになってしまい、目尻の白目部分の露出が多すぎて不自然なデザインになったり、下瞼の機能が十分に働かなくなることやしびれや痛みが残ることがあります。感染症や炎症が起きたときの対応を十分に行ってくれないようなクリニックもありますから、医師選びは慎重さが必要です。

左右で垂れ目の様子が違ったり、目のサイズがほかのパーツと比べて大きすぎてしまうといったことが起きると修正が必要になってしまい、負担が高まってしまいよくありません。

グラマラスライン形成を行ってきて評判が良いクリニックは、カウンセリングや手術、アフターケアなども万全に行ってもらえる可能性が高いので、失敗に対する不安がある人は評判を参考にして選ぶようにすれば安心です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*