目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

グラマラスライン形成のリスク、ちゃんと知ってる?

グラマラスライン形成とは、下まぶたのラインを下げる手術のことです。下眼瞼拡大術やたれ目形成や下眼瞼下制術とも呼ばれています。グラマラスライン形成は、下まぶたのラインを下げてたれ目になることで、優しい印象を与える目元になったり色っぽいセクシーな目元になったり、ぱっちりと大きな目になったりと、目の印象ががらりと変化するので、つり目できつい印象を与えがちな人にとても有効な手術です。この手術は、皮膚側から切開する方法と、下まぶたの裏側から切開する方法の2種類の手術方法が存在します。下まぶたの裏側から切開する場合は、表皮に傷跡が残る心配も一切ありません。また、手術後はまつげのきわに皮膚の余りが出来るので、涙袋が従来よりも大きくなってより魅力的な目元になります。このように、グラマラスライン形成には、様々なメリットが存在していますが、それと同時に、いくつかのリスクも存在しています。もし手術を受けるなら、そのリスクをきちんと把握しておくことが重要です。

グラマラスライン形成のリスク

執刀する医師には高い技術力が必要とされます

グラマラスライン形成は、下まぶたのラインを下げることによって、大きくてぱっちりとした目元や、優しい印象を与える目元や、セクシーな目元など、自分好みの目元を作り出すことが出来ますが、目元は皮膚が薄くて繊細な部分ですから、執刀する医師には高い技術力が必要とされます。そのため、場合によっては様々なリスクが考えられます。下まぶたの下げ幅に左右差が出てしまったり、下げ幅が希望と違ったために理想の目のラインにならないこともあります。下三白眼になって怖い印象を与えてしまったり、下まぶたの下げ幅が大きすぎて目が閉じなくなってドライアイや角膜障害などになってしまったり、逆さまつげになってしまったりすることもあります。そして、下まぶたに赤みや腫れや痛みが発生することもあります。グラマラスライン形成は高度な技術を必要とする手術なので、未熟な医師によって手術が行われれば、これらのリスクも考えられます。そのため、手術経験が豊富で高度な技術力のある名医を選択することが重要です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*