目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

グラマラスライン形成の料金相場と安くするコツ

つり目はキツい印象になりがちでコンプレックスになっている人も多いと思われます。
そんな人におすすめの整形手術のひとつが、垂れ目を形成することのできる「グラマラスライン形成」になります。別名「下眼瞼下制術」「下眼瞼拡大術」とも呼ばれています。
目尻側の下瞼を下げる手術で、優しく温和な印象となり、白目も大きくなるため目が大きく見えるようになるため希望が多い施術になります。
グラマラスライン形成の手術は皮膚側から切開する方法と瞼の裏側から切開する方法があります。瞼の裏側から切開することによって目に見える場所に傷跡がほとんど残らないとされています。
しかし、施術方法や麻酔の違いによって料金相場は異なってくるということを理解する必要があります。
グラマラスライン形成を行なう場合には、そのメリットやデメリット、施術方法による料金の違いなどをきちんと考えてから、カウンセリングを受けてしっかり医師に確認して行なうことが大切です。

グラマラスライン形成の料金相場

料金相場は30〜60万円程度です

グラマラスライン形成のメリットとして、垂れ目を作ることができ目を大きく見せることができるようになります。
しかし、デメリットもあり下げ幅によっては三白眼になったり下瞼の赤い部分が露出してしまうこともあるほか、逆まつげの悪化やドライアイ、目が閉じにくくなるというリスクがあることを理解することが必要です。
グラマラスライン形成は、一般的に局所麻酔または静脈麻酔をしてから行ないます。手術には、糸で留める簡単な埋没法と、切開によって確実なラインを作る切開法の2種類があります。
料金相場は30〜60万円程度が目安となっていますが、この料金の違いは麻酔や施術方法で異なります。
目元は微妙なラインの違いによって顔の印象を変えてしまいます。大事なパーツのため、行なうときには技術力の高い信頼のできる医師のもとで行なうことをおすすめします。
まれに傷口が炎症・感染が起こる場合もあるため、そんなときには施術した病院に早めに相談することが大切です。

安い費用

グラマラスライン形成の安いところでは、250,000円ほどの値段で行っているところがありますが、300,000円以上かかるところが多くなっています。慣れていない医師が行うと三白眼のように形成してしまい、失敗して目つきが悪い怖い印象の目元にされてしまう可能性があります。下まぶたの機能が弱ってしまったり、目が閉じにくくなってしまうこともあります。

名医と呼ばれるような医師の場合には、手術費用が若干高額になる傾向がありますが、トラブルを回避できるというメリットがあります。
費用が異常に安い場合には、未熟な医師による手術が行われる可能性が非常に高いので、料金の比較をして、異常に安い場合には注意が必要です。

おすすめクリニックとランキング

口コミで有名・人気クリニックは技術が高いとは限りません。美容整形手術において大切なことは、信頼できる医師に手術してもらうことです。垂れ目形成の手術を行う際には、クリニック選びを慎重に行う必要があります。
垂れ目形成の手術は、顔全体のバランスを見ながら形成していく必要があるので、丁寧なカウンセリングときちんとした知識が必要になります。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*