目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

グラマラスライン形成に失敗6つと修正手術

グラマラスライン形成は、下まぶたのラインを下げて目を大きく見せる手術です。この手術によって、たれ目に見せたり大きくて丸い華やかな目に見せることが出来るので、つり目できつい印象になりがちな人にピッタリです。

グラマラスライン形成は、下眼瞼拡大術や下眼瞼下制術や、たれ目形成とも呼ばれています。下まぶたを下げて丸いカーブを作ることによって外側の面積が広がるので、白目の部分が大きくなってたれ目の印象になります。

手術には皮膚側から切開する方法と、下まぶたの裏側から切開する方法があります。

下まぶたの裏側から切開すれば、傷跡が残ることもありません。きつい目元がコンプレックスだった人も、グラマラスライン形成によって、優しい印象のぱっちりした大きな目に生まれ変わることが出来ます。

ただし、全く失敗がないわけではありません。もし、この手術を受けるなら、どんな失敗が存在するのかをきちんと頭に入れておくことが重要です。

グラマラスライン形成の失敗

グラマラスライン形成の失敗例。

グラマラスライン形成は高度な技術を必要とする手術なので、執刀する医師の技術によっては様々な失敗が起こることも考えられます。

例えば、下まぶたの下がり具合に左右差が出てしまて不自然な仕上がりになってしまったり、下まぶたのラインが希望していた下げ幅とは異なっているということもあります。

また、下まぶたの下げ幅が大きくなり過ぎてしまって、目が閉じにくくなってしまうこともあります。その場合は、就寝時にも目が閉じにくいために、目が乾燥してドライアイになったり角膜障害を起こしてしまうこともあります。そして、下まぶたの裏側を縫った糸がほどけたり、組織を短くして引っ張ったために余った部分の皮膚が当たったりして逆さまつげになることもあります。

具体的な失敗例をご紹介致します。

グラマラスライン形成の失敗

変化・効果が無いケース

グラマラスライン形成手術とは、たれ目形成手術の一種です。
まぶたの腱膜と結膜を切開して、下まぶたの縁を下げることでたれ目を作っていきます。
つり目を気にしている人や、小さな目を気にしている人にも効果的な手術です。

しかし、切開の方法や、カウンセリングがきちんと行われなかった場合には、仕上がりに変化・効果が無い症例もあります。その場合には、他の手術をするか、再手術となります。

医師との仕上がりのイメージの共有がきちんとされていることが大切です。

後戻りしてしまうケース

グラマラスライン形成手術において、未熟な医師による手術の場合には、後戻りしてしまうケースがあります。
これは縫合不良や切開不足が原因と考えられます。
もとの目の形に合わせて、最適な切開量と切開部位を見極めて、さらに丁寧な縫合を行わないと、もとの状態に戻ろうとする体の力に負けてしまいます。
技術力のある医師による手術の場合には、起こりにくい失敗でもあるので、手術における医師選びは大切になります。

ピンク色の結膜が見えてしまう

グラマラスライン形成手術で起こりうる失敗の中でも、ピンク色の結膜が見えてしまうというものがあります。
これは目尻を下に下げすぎたことが原因で、目の中の皮膚が見えてしまい「アッカンベー」状態になってしまうことです。
この場合には修正手術も検討しなくてはならないので、すぐに医師に相談したほうが良いでしょう。
その際には、体や皮膚への負担も再度考える必要があるので、カウンセリング時に良く相談をしてみましょう。

目が左右非対称に…グラマラスライン形成の修正の怖さ

たれ目形成の一つであるグラマラスライン形成はまぶたの膜を少しカットするだけで吊り目になれるという便利な方法で、簡単にできそうでリスクが少ないような印象があることからプチ整形としても人気があります。

目じりが下がるので柔らかい印象を与えることができ、目を大きくはっきりさせることができるので便利です。皮膚の表面に傷がつかないのでグラマラスライン形成手術をしたことが周囲にばれる心配もありません。

しかし下まぶたを下げる幅のラインが絶妙でないと左右に差が生じてしまったり、だらしない印象を与えることになるなど大きな修正が必要になります。

余分な組織を除去してしまうことで修正が困難になることもあります。目が閉じにくい、ドライアイになる、結膜が見えるなどのトラブルも多く報告されています。

涙袋がなくなり不自然になる

下まぶたが下がりすぎて涙袋がなくなり不自然といったこともあります。

腫れぼったい、ふくらみが足りないといった技術力に理由があるものから、顔つきや個性を考慮していないという理由に由来するものがあります。

グラマラスライン形成をした後は簡単に修正ができるとは限らないため、不満足な結果の方にとってはストレスを抱えることになってしまうのです。

逆さまつ毛に関しても術後に注意して観察

グラマラスライン形成の修正の方法は、皮膚だけではなくまつ毛にも及びます。

グラマラスライン形成の手術を受けた後に、逆さまつげが気になるといった方は意外に多いので、この場合は修正してもらうのがおすすめです。

逆さまつげのままだと、眼球にまつ毛が刺さってしまうような形になるので目の健康にとってもよくありません。

ですからまつ毛に関しても術後に注意して観察しておき、変化が見られたら遠慮なく先生に申し出るとよいです。

グラマラスライン形成のあとの逆さまつ毛の修正は、だいたい最初の手術から1週間後に行われます。

これも糸を使うので抜糸が必要となりますが、抜歯をした後には腫れも目立つことがないので安心です。

目の形やまつ毛を含めて、目がしっかりと完全な形になるまでにはこのように少しの時間がかかるので、1回の手術で理想通りパーフェクトになるというより、ある程度の時間はかかるものだという心持ちで手術に臨むとよいでしょう。

名医による手術でリスク回避

このように、グラマラスライン形成は高度な技術を要するので、様々な失敗が考えられます。それを防いで安全な手術を行うために必要なのは、手術経験が豊富で的確な判断が出来る名医を探しだすことです。

グラマラスライン形成手術だけに限らず、美容整形手術にはリスクが伴います。さらに、美容整形外科医には、得意分野があるのでその分野の名医による手術が、最もリスクも少なく仕上がりもきれいになりやすいです。

名医の手術料は比較的高額になりがちですが、再手術のリスクや、傷跡が残ってしまうなどのリスクを考えると、最初に高額を払ってもリスクが回避できるほうが、希望通りの仕上がりにしやすい方法です。

グラマラスライン形成の修正

修正手術も出来なくはない

グラマラスライン形成をすると、下まぶたのカーブのラインを下に引き下げることができます。

下まぶたのラインがきつく吊り上っていると、こわい印象になったりクールすぎる印象になってしまいますが、グラマラスライン形成をするともっと優しげで甘えやすいような印象にすることができます。

しかし、最初はたれ目でいい感じだと思っていても、次第にちょっとやりすぎたかなと思えてくることもあるでしょう。

そんなときには、グラマラスライン形成の修正によってより理想的な位置の下まぶたのラインに整えることもできます。

こうした手術というのは、最初からどういった目のラインになるのかを完璧に予測することができないので、手術をしてみてその後の皮膚の縮みを見てみないと何とも言えない部分もあります。

ですから手術を受けた直後ではなくだいたい手術をしてから1週間から3か月ほどのあいだに診察を受けて修正について先生と相談するのが良いでしょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

グラマラスライン形成は美容整形外科では比較的安い設定にしていることが多く、キャンペーン価格などでクリニックを選んでしまいがちですが、おすすめのクリニックを紹介してくれる当相談所を利用して修正手術が必要になることが無いようにしましょう。

デザイニング技術が高く、肉眼での手術になりますから、デザイニング通りの手術をするのはとても高い技術が必要になります。

おすすめのクリニックを紹介してくれるこちらのページから紹介されたクリニックは、臨床経験が豊富なドクターと衛生的で管理の行き届いたクリニックであることが前提となりますので安心してグラマラスライン形成の手術が受けられることになります。

責任感が強く、美的センスに優れているドクターにグラマラスライン形成をしてもらえれば修正の必要がなくなります。

悩みに応じたアンチエイジング対策についてもしっかりアドバイスをしてもらえますので将来的にも頼れるドクターになってもらえます。

おすすめのクリニックを利用すれば上手なドクターを探すために時間をかけたり、修正のためにイライラしたりする必要がなくなります。

おすすめのクリニックをうまく活用して長いお付き合いができるような信頼感のある名医をご紹介致します。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*