目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

逆Z法(目頭切開修正)のリスクを知っておくべき理由

逆Z法(目頭切開修正)とは、目頭切開術を行った際に蒙古ひだと呼ばれる目頭にあるピンク色の襞を切除し過ぎて目と目が離れすぎてしまった場合や、いかにも整形を施したような目元になってしまったのを修正するための施術です。

新たに蒙古ひだを形成して、涙湖とよばれる見えすぎてしまった目頭の内側を隠していきます。

なぜ逆Z法(目頭切開修正)と呼ばれるのかといえば、目頭切開法を行った際のZ法術をそのまま逆の方向に切除して戻す方法だからです。

この施術を行うことで、見えすぎてしまった涙湖が隠れるのでより元の状態に近い自然な仕上がりにすることができます。

では、逆Z法(目頭切開修正)におけるリスクとはどんなことなのでしょうか。
メリットもある一方で、デメリットやリスクが存在するのも美容整形の基本です。
リスクを知っておくことで、もし施術を検討される場合に納得して施術を受けられることができるので後悔しないで施術に臨むことができるといえますので、しっかりと把握しておくようにしましょう。

逆Z法(目頭切開修正)のリスク

逆Z法(目頭切開修正)におけるリスクとは?

逆Z法(目頭切開修正)は、蒙古ひだ形成とも呼ばれることがあります。

目頭切開法によって切りすぎてしまったことによる修正のほか、もともと両目の感覚が近い人、あるいはもっと目元を優しい印象にしたい場合などにも行うことが一般的です。

では、逆Z法(目頭切開修正)におけるリスクとはどんなことが考えられるのでしょうか。

この施術を行っても、切除の程度によっては完全に元の切除する前の状態に戻すことは難しいということです。
また、皮膚まで切除されている場合にも同じことが言えます。

そして、逆Z法(目頭切開修正)は、目頭や蒙古ひだの修正はできても前回の施術によりできてしまった傷跡を修正することもできません。

そのため、まず目頭切開術を行う際に技術力のある医師がいるクリニックを選ぶことが重要となってきます。
蒙古ひだの切除がしすぎてしまうというのは、医師の技術力不足も関係していますので、安易に施術費用の安さに惹かれてクリニックを選ぶということだけは避けるようにするのが望ましいといえるでしょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*