目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

上瞼・下瞼のヒアルロン酸のアフターケア、何が正解?

顔の中でも、シワやたるみといった肌の劣化が一番目立つ部位が目の周りです。目は顔の中でも一番筋肉を酷使する部位である上に、目を保護している瞼も、まばたきという生理現象によって疲労や年齢が現れやすい部位となっています。
上瞼・下瞼のヒアルロン酸注射は、そんな年齢が現れやすい瞼という部位を若々しく変化させる美容法として広く知られています。瞼全体の皮膚が薄く、目という大事な臓器を守る部位でもあるため、上瞼・下瞼のヒアルロン酸注射は最も難しいものとされており、注射を行う技術者によって効果が格段に違います。ヒアルロン酸注射自体が定期的に行う必要があるため、アフターケアも大事な要素となってきます。薄い皮膚の下にヒアルロン酸を注射する技術に優れ、なおかつアフターケアが充実している施設を選ぶことが重要となってきます。一回の料金に惑わされることなく、技術と内容に見合った料金体系を提供する施設が最も適しています。

上瞼・下瞼のヒアルロン酸のアフターケア

ヒアルロン酸注射に起こりがちな痛み皮膚やの硬化、内出血

上瞼・下瞼のヒアルロン酸注射の場合には、ヒアルロン酸注射の際に起こりがちな痛み、皮膚の硬化、内出血に十分注意して施行してくれる技術者を選ぶことも大切です。
皮膚が薄い瞼にヒアルロン酸注射を行う場合、他の顔の部位と違い、ごく少量のヒアルロン酸を目の周りに集中している神経を避けて注射するという技術が必要とされます。十分に注意しても、個人の体質によって内出血して青あざのように一時的に肌トラブルが起こる可能性はゼロではないため、そういったトラブルが起こることを十分に説明して、トラブルにも対応できる対応力も必要とされます。
上瞼・下瞼のヒアルロン酸注射を行った後に行うアフターケアは、トラブルの他にも、ヒアルロン酸を長持ちさせるために目を必要以上にこすらない、速やかな効果が無いと言ってもすぐに注入を繰り返さないといった、基本のケアを厳守することも重要な事項です。効果がないといって次々とヒアルロン酸を注入する施設は避けて、長い目でケアを行うことが美しい目元を作る秘訣です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*