目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

上目瞼凹み修正を受ける前に失敗について知っておきましょう

上目瞼凹みの修正は、隔膜前脂肪と奥の眼窩脂肪がやせることでできてしまった上目瞼凹みを修正する手術です。上目瞼凹み修正方法はいくつか方法があり、眼瞼下垂により瞼の開きが悪い場合は眼瞼下垂修正術という施術を行い、眼瞼下垂の症状がない方はヒアルロン酸の注射や脂肪注入、脂肪移植などの施術方法で瞼の凹みを改善していきます。まず眼瞼下垂により瞼の開きが悪い場合の眼瞼下垂修正術は、上瞼の裏側に糸を通して目を持ち上げることで筋肉を短縮させます。こうすることで目の開きを大きくし、上目瞼凹みを改善します。上目瞼凹み修正の失敗としてまず挙げられるのが、二重幅の左右差です。この左右差をできるだけ無くすために両目を一気に受けることと、手術直前にアイプチなど瞼をいじるものを使わないことをおすすめします。しかし瞼は日々多少なりとも変化しており、完全に二重幅の左右差をなくすことは難しいです。それでも明らかにおかしい場合は失敗なので、手術を受けたクリニックに相談しましょう。

上目瞼凹み修正の失敗

眼瞼下垂修正術の失敗例

さらに眼瞼下垂修正術は、傷跡やバレバレのラインなどが失敗として挙げられます。上目瞼凹み修正は人気がある手術ですが、クリニックによってはカウンセリングを十分に行わずに流れ作業でやってしまうところもあるようです。そういうクリニックでは失敗も多いので、自分の希望はしっかりと相手に伝えるようにしましょう。傷口やバレバレのラインについては、ある程度の日にちをあけて様子を見ることをおすすめします。初めは違和感があってもダウンタイム期間内に落ち着いてくることも多いです。また上目瞼凹み修正のもう一つの方法であるヒアルロン酸注入ですが、ヒアルロン酸注入は、隔膜前脂肪や眼窩脂肪の層にヒアルロン酸を注入するだけなので切ったり縫ったりしない比較的リスクの低い治療方法です。しかし手軽である一方で持続性が低く、すぐに元に戻ってしまったり再度受けなければいけない場合もあります。最後に脂肪注入ですが、この手術は自分の脂肪を移植するため、その分腫れや傷口などのダウンタイム期間も1番長くなります。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*