目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

知っておくべき上端瞼板固定法のデメリット3つの解説

上端瞼板固定法とは、二重まぶたを作る埋没法の術式の一つです。
埋没法には他に瞼板固定法と挙筋固定法があります。

瞼板固定法は手術が簡単で、腫れも少なく済みますが、結膜側に糸が露出する為、角膜を傷つけてしまう危険性があります。
また、糸が取れて元に戻りやすいとも言われています。

瞼板と挙筋の中間の位置に固定する方法です。
挙筋固定法は二重のラインがはっきりと入りますが、眼瞼下垂の症状が出ることがある点や、術後の腫れが強いという点がデメリットとなっています。
瞼板固定法は瞼板と挙筋の中間の位置に固定する方法です。

瞼板法よりも安全性も高く、戻りにくい二重になり、クッキリとしたラインを作りやすく、眼瞼下垂のリスクも回避することができます。
瞼板固定法と挙筋固定法の良いところを取り、欠点は改善していると言える上端瞼板固定法。

ですが、どんな方法にもメリットがあればデメリットもあります。

上端瞼板固定法のデメリットはとはどんなものなのでしょうか。

上端瞼板固定法のデメリット

デザイン上の失敗は再手術

この手術も失敗することがあります。

まずはデザイン上の失敗です。
上端瞼板固定法はしっかりと糸を留める方法ですが、留め方が強すぎると理想のラインにならず、自分がイメージしていた状態と仕上がりが違ってしまいます。

また、留め方が弱すぎると、瞼の脂肪が厚い方は元に戻ってしまいます。
失敗しても、抜糸して、もう一度施術を受け直すこともできます。

デザイン上の失敗であれば、再手術を受けることで解決できるでしょう。

ただし、術後何日も経過しているのに目の腫れが引かない、角膜に痛みがあるなど、目に異常が発生した場合は
執刀医の技術不足が考えられます。

この術式自体が高度な技術を要するものですが、癒着してしまっている場合の再手術はさらに手術の難易度が上がります。
上端瞼板固定法は手術の難易度が高い為、医師の技量がそのまま結果に反映されてしまう点がデメリットと言えるでしょう。

上端瞼板固定法は二重の消失が起こりやすいなどの欠点もありますが、技術の高い医師を選ぶことで、リスクは最小限となり、メリットを享受することができるかも知れません。

「平行二重になりづらい」という声も!上端瞼板固定法のデメリット

上瞼板固定法は、糸を完全に瞼の下に埋没できる方法ではありますが、瞼の状態によっては二重の消失が起こりやすいこともあります。二重の消失が起こりやすいのは、瞼に厚みがあるにもかかわらず、医師の技術不足で必要な段階を踏まず手術を行った場合に起こりやすいです。反対に、瞼の状態を見極め、その人に相応しい前処置を行える腕を持った医師の場合では起こりにくいです。当相談所では、評判の良い名医をご紹介しておりますので、参考にしてみて下さい。

上端瞼板固定法は糸が取れるかもしれない

上端瞼板固定法で二重にした場合、固定した糸がゆるんで取れてしまうことがあります。それは、瞼に脂肪が多く分厚い人やたるみがある人が、適切な処理を行わずに施術を受けた場合に起こりやすくなります。たるみが増加したり脂肪が減ることも原因となり、糸のゆるみが出てきてしまいます。また、瞬きや眼球を動かしているうちに糸が取れることがあり、糸が露出して目を傷つけるケースもありますので、あながち安全な方法だとは言えません。

当相談所ではおすすめの医師をご紹介しております

上端瞼板固定法で二重にする場合、経験豊富で利益のために手術を行わない優良なクリニックを選ぶ必要があります。せっかく手術を受けたにもかかわらず、医師の技量がなく思い通りにいかなかったというのは酷い話です。
当相談所では、信頼できるおすすめのクリニックを多数ご紹介しておりますので、ぜひ利用していただきたいと思います。失敗せずに、今後の人生を明るくするお手伝いができればと思っております。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*