目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

上端瞼板固定法のメリットにはどんなことが挙げられる?

上端瞼板固定法受けるなら評判の良い美容外科・クリニック選びを

目がぱっちりしている人は、二重瞼のことが多く、二重のラインがあると、アイメイクが映えやすくとてもきれいな瞳を印象付けることができるので、一重や奥二重の人が美容整形を受けて二重にすることが、最近ではメイクをするのと同じくらい普通になってきていて、特にプチ整形と言われるメスを使わずに糸で留めるだけでぱっちりとした二重になることができる埋没法が大変人気になってきています。埋没法には、いろいろな種類があり、上端瞼板固定法もそのひとつです。

上端瞼板固定法は、くっきりとしたラインを作りながらも、糸が瞼の裏側に糸が出にくく、腫れや痛みも少ない方法として人気がある施術です。大阪でも、上端瞼板固定法や美容外科・クリニックで独自に開発したまぶたの固定方があり、二重整形を行っている美容外科などで相談することができるので、仕上がりや方法をカウンセリングで聞いて、施術方法を選ぶことがおすすめです。

メイクを楽しむことができ、美しいラインが印象的な二重瞼にすることができるプチ整形が流行しており、一重の人や奥二重の人が、目元の悩みを解消することが一般的になっています。特に、最近では、長年悩んできた中年以降の人が二重の施術を受けることや若い年齢のうちに、二重にしたりする場合が多く、きれいな目元にする人が多くなってきています。

上端瞼板固定法受けるなら評判の良い美容外科・クリニック選び

上端瞼板固定法の効果性

上端瞼板固定法は、瞼板固定法と挙筋固定法との中間にある手術法であり、両方の良いところを利用して行う手術になっています。瞼板固定法と比べて、糸がまぶたの裏側に露出することがないことが特徴的であり、角膜障害の危険性が全くないため、安全性が高い治療になっています。挙筋固定法と比べて、瞼板という支持組織に固定できることもメリットであり、元の状態に瞼が戻りにくいことが魅力的であり、理想の瞼のラインをキープし続けることができます。1本の糸で手術をすることが可能であり、メスで切開することなく、手術を終えることができるため、上端瞼板固定法で二重瞼の手術をした際には、他の方法よりも、出血や腫れが出にくい方法であるため、手術後のダウンタイムが少なく、1週間ほどで、腫れが引くとされています。日常生活に支障をきたす期間が少ないため、いろいろな人が手術を行いやすいため、人気が高まっています。全国のクリニックでできるため、魅力的です。

上端瞼板固定法のメリット

さまざまな目の形が可能な手術法

上端瞼板固定法は、手術後に修正を行いやすいです。仕上げられた瞼のラインが気に入らなかった場合に、手術で固定した糸を始末することによって、元の状態にすることなどが容易になっていて、何度も手術をすることが可能になっていて、理想的なラインを仕上げやすいことがメリットになっています。修正が可能なため、加齢に伴ってできて雰囲気を変えたいと希望した時にも顔を修正しやすいため、いつまでも整形手術によって若い顔や理想的な顔を作ることが可能であり、人気が高くなっています。

また、加齢によってできるタルミなどによる影響も修正しやすいため、メリットが多いです。上端瞼板固定法は、手術を10分ほどで行うことが可能です。シャワーを手術の当日に行うことが可能であり、洗顔も翌日に可能なクリニックが多いです。さまざまな目の形にデザインしてもらうことが可能な手術法であり、ハーフ目・外人目にしたい人なども手術が可能であり、人気が高いです。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*