目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼脱脂法のアフターケアに必要なのは?

まぶたの重みの原因となっている、脂肪を取り除くために皮膚や脂肪を切除する事になるために、下眼瞼脱脂法ではアフターケアも重要となってきます。
切除時の手術跡が再び開いてしまわないように、手術当日にシャワーを浴びる事は出来ませんし、洗顔時にも顔をゴシゴシと洗わないようにしてください。
そうでなければ再び傷が開いてしまい、そこから菌が入り込む事によって眼球にまで悪影響が及んで、最悪の場合は失明の原因になってしまいかねません。

手術で切開する事になる範囲は数ミリ程度なので、そこまで傷口をケアしなくて良いと考えられがちですが、小さな手術跡でも菌が入り込む可能性には注意をしましょう。
手術を受けてから一日か二日程度でシャワーを浴びられるようになったら、その際には傷口にシャワーから出る水を傷口に当てないようにしてください。
もし傷口が開いてしまった場合には当院が紹介する、下眼瞼脱脂法の名医がアフターケアを行います。

下眼瞼脱脂法のアフターケア

手術後、目元以外にはメイクを施す事が可能

下眼瞼脱脂法の手術を受けた直後から、目元以外にはメイクを施す事が可能なのですけれど、額などのメイクが目元に入り込まないように注意をしてください。
もし手術跡にメイクが入り込んで、強い痛みが起きてしまった場合には、当院が紹介する名医がアフターケアを担当いたします。
他の原因であっても、下眼瞼脱脂法の手術後に痛みが起きた際には、痛み止めを飲む事で痛みをコントロールしてもらう事が多いです。

手術当日にコンタクトレンズを装着しようとして、癖で手を使って目元を大きく開けようとして、傷口が開いてしまうという人も少なくありません。
その際にも傷口の縫合などのアフターケアを行いますから、ご自身で傷口をどうにかしようとせずに、まずは当院にご連絡をください。
コンタクトレンズは手術を受けてから二日から三日目以降に装着可能なので、それまで視力の低下が心配だという人は、メガネの着用をお願いします。
痛みが強い際には氷などを直接当てるのではなく、清潔なタオル越しに氷を当てて、傷口をこすらないようにすれば痛みを抑える事が可能です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*