目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼脱脂法を受けるデメリットって何?

下眼瞼脱脂法とは、加齢による下まぶたのたるみや膨らみや、目の下のクマなどを解消するための手術です。目の周りの筋肉は激しく動かすことが多く、そのため老化現象が進行しやすい部分であるため、たるみやクマなどが発生しやすいのです。下眼瞼脱脂法は、下まぶたの裏側の結膜を切開して下まぶたに溜まった脂肪を取り除くことで、垂れ下がった眼窩脂肪を解消するというものです。まぶたの表側から行われる手術と、まぶたの裏側から行われる手術があります。表側から手術をする場合は、下まつげの生え際から切開して眼窩脂肪を取り除きます。裏側から手術をする場合は、下まぶたの裏側を切開するので傷跡が目立つことはありません。下眼瞼脱脂法の手術を受けることで、今までたるみやクマが目立っていたために老けて見えていた顔立ちが、若々しくてピンとハリのある目元に生まれ変わることが出来るのです。しかし、もしこの手術を受けるなら、これらのメリットだけでなくデメリットも充分に理解しておく必要があります。

下眼瞼脱脂法のデメリット

下眼瞼脱脂法のデメリットとは?

下眼瞼脱脂法は手術の仕上がり方によってはいくつかのデメリットが考えられます。まず、目袋の膨らみが無くなって涙袋が出てくることによって影が出来てしまい、それがクマのように見えてしまうことがあります。また、加齢によって皮膚にたるみが出来てしまい、元々それがちりめんジワのようになっていた方は、眼窩脂肪を取り除くことで皮膚だけが余ってしまい、以前よりも余計にたるみやクマが目立ってしまいます。そして、脂肪を取り過ぎてしまうと下まぶたがへこんだようになってしまい、かえって老けて見えてしまったり、違和感を感じるようになったりします。そんな時は、ヒアルロン酸や脂肪などを注入する必要が出てきます。また、下まぶたの膨らみに左右差が出ることもありますし、表側から切開する手術だと傷跡が残ってしまいます。下眼瞼脱脂法は、脂肪を切除するタイミングや量などは、経験を積んだ医師でないと判断することが難しい場合があります。そのため、経験を積んで的確なアドバイスが出来る医師の手術を受けるようにしましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*