目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼脱脂法のダウンタイムに気をつけるべきこととは

目の下のたるみは見た目年齢にも大きく影響します。下眼瞼脱脂法は目の下にたまった脂肪を取り除く手術です。目の下のクマにも効果的です。手術自体は1時間から2時間で終了します。美容外科の世界からすると難しい手術ではないようです。下眼瞼脱脂法のダウンタイムは比較的軽いとカウンセリングで説明されることが多いですが個人差によるところが多いです。次の日から化粧で完全にかくせる程度の内出血でおさまる人もいれば腫れや内出血が1~2週間続く人もいるでしょう。ダウンタイムが心配な方はやはり夏休みや年末などまとまった休暇の前の方がいいです。目の下ぎりぎりから隠すことになりますのでマスクは必須です。接客業の方は念の為連休前に行うことをおすすめします。内出血が落ち着いてくると青くなります。殴られたと間違われるかもしれません。青たんの範囲が少なくなってきたら眼鏡でごまかす方法もあります。連休前はクリニックが大変混み合います。迷ってる方は早めの予約をおすすめします。

下眼瞼脱脂法のダウンタイム

手術は1~2時間で終了

下眼瞼脱脂法は、まず目の際に麻酔を打ちます。この麻酔がやはり注射なので痛いです。麻酔がきいたら目の下の皮を少し浮かせてそこからたまった脂肪を取り出します。手術中は麻酔のお陰で痛みはありません。手術は1~2時間で終わります。
ダウンタイムは、個人差によりますが腫れや内出血が酷い人もいます。大体腫れと内出血が1週間、内出血がおさまり青たんのようになり完全に消えるまで1週間。計2週間はかかるでしょう。ただ始めの1週間さえ乗り越えればコンシーラーやファンデーションで隠せます。眼鏡などでごまかすのも有効です。逆に術後、翌日から普通にメイクだけで過ごせる人もいます。基本的に翌日からメイクは可能です。下眼瞼脱脂法は目の前で器具が動くので怖い部分もありますが目の下のたるみがなくなり若返りますのでたるみに悩んでる方は勇気を出して行うことをおすすめします。かなりたるんでからですと脂肪を取っても皮が伸びてしまっていて仕上がりが満足できない可能性もあるのでたるみの少ない内にしたほうがいいです。術後の痛みは特にはありません。そして、腫れなどがおさまってからヒアルロン酸を注入するクリニックも多いです。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*