目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼脱脂法の効果と医師選びまとめ

通常眼球は、眼窩骨という骨の中の眼窩脂肪がクッションの働きをして支えています。若いうちは筋肉である眼輪筋が張っていることでたるみもなく脂肪をおしだしていますが、筋肉が弱ることで涙袋が形成されます。涙袋というものは、とくに役割のある部分ではなく実は下瞼のたるみともいえるのです。
目の周りの筋肉は弱るとたるみが出てきやすい部分でもあります。たるみがあると年齢を実感してしまったり、涙袋が若いうちから目立つ人もいますが、加齢によってより目立ってしまい、目元のくまの原因となり疲れたような老けた印象を与えることになってしまいます。
たるみの改善や重い涙袋を改善するための整形としては下眼瞼脱脂法があげられます。
下眼瞼脱脂法の効果によって、下瞼の余分な脂肪をとることができるようになり、さまざまな効果を期待することができるようになります。
この手術を受ける場合には、技術力のある信頼のできる医師を選ぶことが大切です。

下眼瞼脱脂法の効果

下瞼の脂肪を除去することによりたるみを解消

下眼瞼脱脂法を行うことによって、下瞼の脂肪を除去することができるようになります。
つまり涙袋のふくらみを小さくすることができることで、たるみの解消に繋がります。
下眼瞼脱脂法の効果はそれだけではなく、涙袋が大きいことで影となってしまいくまになりますが、そのくまの改善も期待できます。
目の下のたるみやくまがなくなることによって、すっきりした目元と也、若々しい印象となることができます。
また、瞼の裏側である結膜側から行う手術を選択すれば、皮膚の外側には一切傷を付けずに脂肪を取り除くことができ、皮膚側が傷がつかないため、翌日からアイメイクや洗顔も可能です。手術後の腫れは殆ど目立つことがなく、瞼が少し腫れを感じる程度で、ダウンタイムも極めて短いのが特徴の手術です。
しかし、元々シワやたるみが目立つ場合には脂肪を取ることでシワが余計に目立ってしまったり、多く摂り過ぎるとへこんだようになってしまうことも考えられます。

下眼瞼切開法・下眼瞼脱脂を行っている評判の良い美容外科とは

加齢が原因で下瞼の細胞が縮小したり不自然な場所に脂肪が集中して溜まってしまうとたるみや小ジワ、クマができてしまい、メイクをしても隠しきれずアンチエイジング化粧品を使っても元通りにすることはできません。しっかり解消するためには下眼瞼切開法が有効で、たるんでしまった余計な皮膚を切開して持ちあげることでハリのある若々しい目元を取り戻して小ジワやくぼみなどの悩みも解決できます。

実績が豊富なので患者のたるみの具合や年齢、目のタイプなどに合わせて最適な方法でやってもらえると好評です。切開した部分は肌に吸収されるタイプの糸を使って縫合したり、なるべく目立たないように細心の注意を払って手術が行われるので仕上がりもきれいで、目尻のシワや皮膚の凹凸などを改善するためにヒアルロン酸注入を同時に行うなど目元全体に関する美容手術が受けられます。

麻酔の費用や事前検診に別料金がかかることがありますが、カウンセリングや相談は無料でやってくれるところがほとんどです。下瞼の縁に沿って切開し、余分な皮膚を取り除いたあと皮膚を持ちあげて縫合することでたるみを効率よく解消し、半永久的に効果が持続します。

評判がよく経験豊富なドクターならたるみの具合を見て最適な量だけを切り取るので術後も違和感がなく、回復までの時間もそれほどかかりません。下眼瞼切開法と同時に脂肪を別の場所に移動させる施術を受けるとくぼみを解消して全体的にふっくらとした若々しい目元をつくることも可能です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*