目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼拡大術(たれ目形成)のおすすめ名医の条件

下眼瞼拡大術(たれ目形成)は、つり目のような厳しい印象を与える目つきをたれ目にすることで、優しい印象に変える整形手術です。ボトックス注射のように比較的簡単に行える美容整形もありますが、下眼瞼拡大術(たれ目形成)の方が、よりはっきりと効果が分かります。しかし、あくまでも外科的手術の範疇に入りますので、それなりのリスクがあり、先ずは下眼瞼拡大術(たれ目形成)の手術をうまくできる名医を探すのが何よりも大切です。

そして、名医を探す為には、この手術についてより深く理解した上で、探すことができれば、手術の成功だけでなく、自分自身の満足度や納得度まで向上されることができます。先ずは、この手術のカウンセリングからダウンタイム、予後までをしっかりと理解しましょう。そして、その後でどのような医師が名医なのかをしっかりと判断してください。それが、何よりも重要であり、よい結果をもたらすことになるに違いありません。

下眼瞼拡大術(たれ目形成)の名医

下眼瞼拡大術(たれ目形成)には二種類の方法

下眼瞼拡大術(たれ目形成)には、まぶたの内側から切開して瞼板を引き下げる方法と、まぶたの外側から切開して瞼板を下げる方法の二種類があります。どちらにしても、切開する限りは医師の技量が重要になりますが、名医を判断するのはそれだけではありません。下眼瞼拡大術(たれ目形成)以外であっても、外科的手術では必ずカウンセリングやインフォームドコンセントが必要になってきます。

この際に、手術の概要やダウンタイム、アフターケアについてしっかりと説明するところは、名医の第一関門を突破したと言って良いでしょう。詳しく説明しているところであれば安心できますが、ここで担当医の手術経験数や成功数が大切になるので確認してください。ここまでくれば、後はリスクマネージメントだけです。目の周囲という敏感な部分の施術ですので、敏感な人はダウンタイムやなんらかの異常が起こった際にアフターケアをしてもらえるはずですが、初めのカウンセリング通りに行われるようであれば、名医と判断しても差し支えありません。

評判の良い下眼瞼拡大術が受けられるクリニック

つり目なのできつい印象の顔立ちになってしまうのを改善したり、目が小さいのが悩みで大きくしたいときに有効なのが下眼瞼拡大術で、たれ目整形とも呼ばれていて下向きになった可愛らしい印象の目元になることができます。

局所麻酔をして瞼の内側からアプローチするので痛みをほとんど感じず、傷跡が残ることもないので比較的簡単に受けられて、ちょっとした手術で大きな効果を得ることができます。目尻のカーブを下げることで優しい癒し系の印象になり、回復までにかかる時間も短いので整形したことを知られずに理想の顔になれます。切開するのが嫌な場合はボトックスを注入したり、瞼の裏側から特殊な糸を使って目尻を引き下げることでたれ目を作る方法もあるので、評判のよいクリニックなら自分に合った方法を選んでもらえます。

評判のよいクリニックなら経験豊富な医者が行うので顔全体の雰囲気に合わせて適切な施術が受けられます。上手なドクターだと施術にかかる時間が短くて術後の腫れなどのトラブルを回避できるので、下眼瞼拡大術を受けるなら口コミで好評な意見が多くて実績があるクリニックを選ぶようにしましょう。具体的な名医のご紹介は下記フォームよりお気軽にどうぞ。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*