目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼切開法のダウンタイムは、過ごし方で前後する?

目元周辺のたるみやしわは、簡単に隠すことができないため、整形を希望される方が多いです。特にプチ整形として簡単に行える、ヒアルロン酸の注入は人気があります。
ヒアルロン酸の注入では、対象となる部位に注射を打つだけで済むので、ダウンタイムもほとんどありません。そのため次の日も普通に仕事に行くことができますし、日常生活への支障をきたすこともほとんどありません。しかし、簡単に行える分効果も強いものではなく、ヒアルロン酸は体内で分解されて吸収されてしまいます。
一方、下眼瞼切開法は対象となる瞼の下をメスで切開する手術を施します。そのためダウンタイムも2週間から4週間ほど必要になり、日常生活にもある程度制限が出てきます。しかしその効果はヒアルロン酸の注入より優れており、一度手術を受ければ半永久的にその状態を保つことができます。特に下眼瞼切開法は小じわよりは、深いしわやたるみなどを得意としており、必要に応じていくつかの方法を選ぶことができます。

下眼瞼切開法のダウンタイム

ダウンタイムには2週間から4週間必要

下眼瞼切開法は基本的な外科手術とそれほど差はありません。そのためダウンタイムも2週間から4週間必要になってきます。
まず手術直後ですが、その日の入浴は避けたほうが無難です。縫合したばかりで、傷口も固定されていないので、まずは様子を見るようにしましょう。当然アルコールも禁止です。血行が良くなって、痛みや腫れがひどくなってしまいます。まれに麻酔を打った場所に内出血を起こすことがありますが、1週間ほどで消えてしまうので、気にしないようにしましょう。
術後は腫れた素顔を人には見せたくないでしょうが、なるべくメイクは避けるようにして下さい。メイク用品などは普段から清潔に保たれておらず、雑菌などが繁殖しやすい環境にあります。そのため傷口から感染症の危険性があるので、できるだけ行わないようにして下さい。万が一感染症に鳴門、ダウンタイムが大きく伸びてしまいます。
下眼瞼切開法は、しわやたるみに効果的な方法です。医師とのカウンセリングを行い、安心して行えるようにして下さい。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*