目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼切開法のリスクを考えておこう

顔の中でも一番人の印象に影響を与えているのは目だといわれています。当然目の周辺部分もよく見られ、目元が変わればその印象も大きく変わってきます。
年を重ねると、ちりめんジワといった細かなシワができたり、たるみができて窪んだりすることで、実際の年齢より老けて見えることもあります。このような症状は比較的若いうちから現れやすく、気にしている方は大勢います。年配の方でも改善すれば実年齢より若く見られるために、治したいと思っている方はたくさんいます。
下眼瞼切開法は、このような目元の症状の改善に役立ちます。特にたるみや窪みなどは劇的に改善することができ、ヒアルロン酸の注入や、PRP法との併用を行うことで、ちりめんジワも改善することができ、劇的に若返ったように見えます。しかし下眼瞼切開法は目の近くにメスを入れて手術を行うために、実際の手術を受ける前に、それなりのリスクがあることも理解しておく必要があります。

下眼瞼切開法のリスク

2種類の方法におけるダウンタイム

下眼瞼切開法には2種類の方法があり、皮弁法と筋皮弁法があります。特に効果がみられるのは筋皮弁法でこれは切開後に眼窩脂肪を取り除いて、眼輪筋肉を引っ張り上げてから余った皮膚を取り除いて縫合します。皮弁法では筋肉の引っ張り上げはありません。
どちらの方法を選択していもダウンタイムが存在します。皮弁法のほうが少ないですが、切開を行う以上避けることはできません。また術後に腫れを伴うこともあります。特に白目覆っている膜が、ゼリー状に腫れてしまうことがあります。自然に治るものですが、その間人に見られるのが嫌という人は注意が必要です。また皮膚の取りすぎや、目の周辺はほんの少しの違いで大きく印象が変わってしまうため、脂肪や皮膚の取りすぎで、自分の思っていた感じとは違う印象になってしまうこともあります。また目がかゆくなった時に、うっかりこすってしまうことがあり、感染症のリスクがあることも知っておく必要があります。
下眼瞼切開法は効果的な若返りを目指すには効果的ですが、事前にどのようなリスクがあるのかをしっかりと把握しておきましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*