目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

瞼板法の効果となれる有名人の例

瞼板法」とは埋没法の一種で、上まぶたの瞼板と呼ばれる部分に糸を埋め込んで二重を作成する方法です。
それに対して、「挙筋法」は瞼板ではなく、まぶたの奥の方にある上眼瞼挙筋という目を開けるときに使う筋肉に糸をかけで二重にする方法です。
二重を作るときに糸をかける場所に違いがあります。

瞼板法のメリットは手術が簡単なことで、デメリットはまぶたのすぐ裏に糸が露出する為、ゴロゴロ感があり、眼球に傷を付ける可可能性がある点です。
ただし、クリニックによっては、まぶたの裏に糸が出ないようにして、眼球にも優しい処置ができるところもあるようです。

挙筋法のメリットは、まぶたの裏の奥の眼球に接しない位置に糸がある為、眼球に傷を付ける心配がないことです。
デメリットは手術が困難であり、かなりの熟練した技術を要する点です。
また、将来的に眼瞼下垂という症状が出ることもあると言われています。

手術が容易なことから、「瞼板法」が多く使われていますが、効果的なのはどんな人でしょうか。

瞼板法の効果

メリットは手術が簡単

瞼板法のメリットは手術が簡単なことだけではなく、糸がとれにくく戻りにくいと言われます。
また、挙筋法に比べ将来的に眼瞼下垂になるリスクも少ないと言われます。

比較的腫れも少ないので、人気のある術法ですが、向き、不向きがあります。

瞼板法は、柔らかい上眼瞼拳筋に糸を通す挙筋法よりも、安定した自然な二重になると言われていますが、その効果は誰にでも同じように出るわけではありません。

まぶたの皮膚を折りたたんで糸で留めることによって二重を作るので、まぶたの皮膚が厚い人は、厚ぼったくなってしまい、美しい二重まぶたにはなりません。
まぶたが薄くい人のほうが効果が出やすくなり、元に戻りにくくなります。

また自分が望む二重まぶたの形によっても、効果は変わってきます。
目尻側の幅が広くなっている末広型二重や、幅の狭い二重まぶたを作るには瞼板法が適しています。

自分のまぶたと、なりたい二重のタイプによって適する、適さないがありますので、事前に医師と十分なカウンセリングを行うことが大切です。

アレン(全身整形)と同じ目になるために必要な整形

一重の人が魅力的な二重になるためには、化粧などで工夫して行う場合も多いですが、きれいなラインを作るためにはアイプチなどを利用すると時間がかかったり、変なラインの癖がついてしまう事がありますし、毎日形を整える面倒さがあります。

すっぴんでもきれいでいられるためには整形によって形成することが良く、アレン(全身整形)個性的で柔和な目元を作っていくためには、必ずしも切開による施術ばかりでなく、埋没法によって形作ることも可能です。

一度切開してしまうと取り返しがつかず、もとに戻すことができませんが埋没法で糸を利用した術式であれば、気に入らなくなったときや元の顔に戻したいときに、糸を取り除けば戻すことができます。

傷跡が目立ちにくく手術時間も短いため、気軽にできる二重の形成方法です。

下手な医師が行うと糸が見えてしまったり、皮膚から出て来るなどの失敗があるので、多く手術を経験していた医師にお願いすることが肝心です。

現在の形によってはいくつか術式を組み合わせないと行けない場合もあって目の両端だけ切開によりアレン(全身整形)のようにしていく方法もあるため、シミュレーションで完成後の状態を比べながら術式を決定していくと要望がきちんと伝わり実現できるかがわかります。

ふっくらとした涙袋形成も簡単に行える方法ですが、ヒアルロン酸などの注入物の量を誤ってしまうと違和感しかなくなって、愛らしさを感じにくくしてしまいます。

余計に幅が狭く感じるくらい注入されて盛り上がってしまうと意味が無いので、適切な加減をしてくれるところで入れるべきです。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、すっぴんでもアレン(全身整形)のような二重や涙袋になれる形成をしたい方はお気軽にご連絡ください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*