目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(挙筋前転法)のアフターケア、知っておいてほしいこと

眼瞼下垂とは黒目が見えづらい状態の方を指します。眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあります。先天性のもの 、生まれつき瞼を持ち上げる筋肉が弱く瞼が黒目の上の部分まで上がらないことです。後天性のものはコンタクトレンズなどの刺激や加齢などの原因により眼瞼挙筋が衰えてしまうことです。眼瞼下垂(挙筋前転法)は、瞼を持ち上げる筋肉を切除するのではなく、弛んでしまった瞼版と鋸筋腱膜を再度固定し、眼瞼下垂を改善する方法です。皮膚に傷跡が付かないことや、腫れが最小限や術中により瞼の開き具合の調整が可能などのメリットも多く人気の美容整形手術でもあります。眼瞼下垂(挙筋前転法)に限らずアフターケアはとても大切です。正しいアフターケアするかしないかにより、良い経過であったり良い結果や効果にも繋がります。適切なアフターケア法をしっかり理解したうえで眼瞼下垂(挙筋前転法)を受けることをおすすめします。そして技術力の高い医師に 治療してもらうことが一番大切なことにもなります。

眼瞼下垂(挙筋前転法)のアフターケア

治療を受けた後のアフターケア

眼瞼下垂(挙筋前転法)の治療を受けた後のアフターケアとして知っておいて欲しいことはいくつかあります。個人差はありますが、腫れは3日程あります。全体的な腫れとしては10日から2週間前後になります。術後1週間以内に抜糸を行います。抜糸するまでは目の周りのお化粧は出来ませんが目の周り以外のお化粧でしたら手術後の翌日から、洗顔も翌日から出来ます。手術後当日はシャワーは首から下だけにして下さい。サングラスなどを持参して治療に訪れる方が多いのはこの理由からです。そして腫れが長引かない為にも術後は安静にしている事が一番です。ダウンタイムの間は痛みを伴う方もいます。痛み止めなども処方されますが、アイスパックなどと併用して痛みを和らげることも効果的です。飲酒や激しい運動などは一週間は控えて下さい。痒みなどが生じることがありますが決してこすらないようにして下さい。眼瞼下垂(挙筋前転法)はとても高度な技術力を必要とします。アフターケアも含め、良い病院選びも大切です。お気軽に当相談所にご連絡下さい。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*