目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

バレずにできる?眼瞼下垂(挙筋前転法)のダウンタイムとは

生まれつきの重たく眠そうな眼にコンプレックスを持っている方、眼をパッチリ開かせたい、もっと瞳を大きく見せたい、眠たそうな目といわれた、また最近では外国人やハーフタレント顔に憧れて眼を大きく開かせる美容整形手術を行う女性が軒並み増加しています。
整形方法によく用いられる手術方法として挙げられるのが「眼瞼下垂(挙筋前転法)」です。
眼瞼下垂(挙筋前転法)は、瞼の上の作り上げられるであろう二重の皮膚を切開し吊り上げる手術方法で、軽度から中度の患者様まで幅広いニーズに対応でき、一度手術をすれば元に戻る可能性が少ない手術方法として行われることが多いです。
手術後1,2日目は物凄い腫れを伴い、約1週間後に抜糸をする頃には腫れはかなり引いているもののメイクでごまかすのは難しいほどで、3カ月でほぼ完成に近いけど僅かな腫れが残り、完全にきれいになるのは最低でも6カ月、結果としては1年という長期間の時間を要します。よって眼瞼下垂(挙筋前転法)の整形方法を選択した場合は、ダウンタイムまでの時間に余裕が持てる方、余裕をもって望める方が適しているのです。

眼瞼下垂(挙筋前転法)のダウンタイム

二重になるラインに沿って皮膚を切開する手術

眼瞼下垂(挙筋前転法)には、基本的に瞼の作る二重になるラインに沿って皮膚を切開する表面的な手術方法です。
しかし最近では眼瞼下垂(挙筋前転法)が多様化してきて、例えば皮膚を切開しないで瞼の裏側の粘膜を切開して行う手術や、一切切開せずに理想の二重のラインを糸で埋め込んで行う手術方法などもあるほどです。
このような手術方法は一見傷が残りにくくダウンタイムまでの時間も短い、痛みや腫れが出にくいといったメリットが先走ってしまいがちです。
ですが瞼の裏側の切開方法は恐怖感が強く手術中に患者様が怖がって泣いたりすることで、瞼に過剰に力が入り通常より出血と腫れを伴い手術中の瞼の微調節にも悪影響を与えて、結果出来上がりが良くないといった可能性も出てくるのです。その上通常に比べても内出血を伴う強い腫れを伴い、メイクではなかなか隠し切れないダウンタイムが長引く可能性が高くもなります。
また瞼自体を切開せずに糸を埋め込む方法では、手術後の抜糸が非常に困難だったり、結局皮膚を切開しないと取れない可能性が高く、その上手術中には瞼の開き具合の微調節ができない為、ほとんどの場合で効果が不十分な結果にも繋がってしまいます。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*