目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(挙筋前転法)を選択するメリット2つまとめ

目をはっきり開けていても、瞼が黒目の上まで持ち上がらす、眠そうな目に見えたり、元気がないよう見えた する目は眼瞼下垂の可能性があります。眼瞼下垂の治療方法として挙筋前転法、筋膜移植、タッキング、挙筋短縮法などがあります 。眼瞼下垂には先天性と後天性のものがあります。先天性は生まれつき瞼を持ち上げる筋肉が弱く瞼が黒目の上まで上がらない状態のことを言います。後天性のものは、最近増えている、コンタクトレンズによる刺激、加齢による眼瞼筋が衰えてしまっている状態です。眼瞼下垂(挙筋前転法)とは瞼を持ち上げる筋肉を切除するのではなく、緩んで弛んでしまった瞼版と鋸筋腱膜を再び固定して、眼瞼下垂を改善する美容整形術です。眼瞼下垂(挙筋前転法)は比較的症状の軽い方や重度ではない挙筋由来による眼瞼下垂の手術の多くは挙筋前転法が用いられています。安全性が高く負担の少ない術式と言われています。次に挙筋前転法を選ぶメリットについてです。

眼瞼下垂(挙筋前転法)を選択するメリット2つまとめ

クオリティとして保険ではなく美容整形がおすすめ

眼科でも行っている治療ですが、美容外科で治療をした方が、糸を縫う技術が高く、きれいな目に仕上げやすいため、魅力的です。他にも目に関する整形手術を多数実施しているクリニックであることが特徴的であり、医師と相談して、最適だと思われるさまざまな治療法を考案してもらうことができることも特徴的であり、人それぞれの目の状態に合わせた治療を実施することが可能になっています。目がかなり開けるような状態に変わることが可能であり、見た目が美しく変わるだけでなく、目を開くことができない状態によって生じる頭痛や肩こりなどのさまざまな症状の改善もすることができるため、治療を行う人が多くなっています。目に関するさまざまな治療実績があり、万が一手術に失敗した場合の対応がしっかりとしているため、不安を取り除くことが可能になっています。

挙筋前転法の眼瞼下垂の治療は、目の筋肉に傷をつけないで治療を行える方法であり、目を開くための筋肉などの組織に影響を与えないような治療ができます。目の皮膚を切開することで治療を行い、手術による後遺症が残りにくいような内容の治療であるため、失敗することが少なく、評判が高い治療の一つになっています。大阪では、美容外科以外にも眼科で対応しているところが多いですが、美容外科は、きれいに縫う技術を特に磨くような診療科目であるため、見た目がきれいになるように皮膚を縫い合わせてもらうことができ、満足が行くような治療を実施することが可能になっています。

眼瞼下垂(挙筋前転法)のメリット

眼瞼下垂(挙筋前転法)を選択するメリット

眼瞼下垂(挙筋前転法)を選択するメリットとして、挙筋前転法は筋肉を傷付けることがない手術なので安全性が高いものであるということです。落ちている瞼が上がり黒目がはっきり見えることで本来の目の大きさに戻ります。眼瞼下垂の原因として瞼を開けたり閉じたりする挙筋が原因である場合と瞼の皮膚自体が厚過ぎたり弛んではしまっているかでも術式は変わってきます。瞼の皮膚自体ではなく、瞼を閉じたり開けたりする挙筋が原因の場合は挙筋前転法や挙筋前転法が適用になります。挙筋前転法は挙筋短縮法に比べ自律神経とも連動性している瞼の裏の筋肉を傷付けるリスクがとても低い術式です。挙筋短縮法は挙筋自体を切除、縫い縮めたりすることにより眼瞼下垂を治療するので、瞼の裏の筋肉や交感神経などに影響することがとても多く、筋を傷付けてしまうリスクもあり非常に高度な手術レベルを求められるものです。眼瞼下垂(挙筋前転法)は瞼の裏ではなく、瞼の裏から行う術式の為、同時に二重瞼形成の手術も可能になります 。当相談所では名医の紹介や病院の紹介などを行っています。お気軽にご相談下さい。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*