目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(腱膜前転法)のアフターケアで押さえておきたいポイント

眼瞼下垂とは、上瞼が黒目の部分まで落ちている状態のことをいいます。眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは生まれつき上瞼を持ち上げる筋肉が弱いために黒目の部分まで上瞼が落ちてしまう状態のことです。後天性のものはコンタクトレンズなどによる刺激や加齢などの老化により眼瞼挙筋が衰えてしまっておこる状態があります。そこで眼瞼下垂(腱膜前転法)という術式があります。眼瞼下垂(腱膜前転法)は上瞼の二重のライン上を切開して、目を開ける挙筋、または腱膜と呼ばれる挙筋と瞼を繋いでいる部分を短縮して目の開き具合を大きくします。同時に二重を作る手術です。皮膚の弛みや脂肪を取ることを同時に行うことも出来る手術です。この手術を行うことで瞼が開きやすくなり黒目がはっきりと見えるように出来る為、目力のアップや眠たそうな目の改善にも繋がります。そしてどの手術にもアフターケアがとても大切になってきます。

眼瞼下垂(腱膜前転法)のアフターケア

眼瞼下垂(腱膜前転法)術後のアフターケア

眼瞼下垂(腱膜前転法)術の後のアフターケアについてです。アフターケアによりその後の状態を良好にしたり、より良い結果に繋がりますのでしっかり理解して行っていきましょう。眼瞼下垂(腱膜前転法)術後の傷跡は3 ヶ月から6ヶ月程度に目立たなくなります。術後の腫れとしては個人差はありますが1週間程続きます。一週間程で抜糸をする為、抜糸するまでは目の周りのお化粧は出来ません。目の周り以外のお化粧は出来ます。シャワーは当日から可能ですが首より下だけにして下さい。翌日よりは洗顔も可能ですが目を擦ったりすることは避けて下さい。コンタクトレンズの装着は翌日から出来ます。激しい運動なども抜糸するまでの一週間は避けた方がいいです。手術部分が腫れてしまう場合があります。安静にして目元を触らないようにしておくことが一番大切です。手術当日はメガネやサングラスを持参することをおすすめします。当日の運転は目元の腫れなどもあるので避けて下さい。高度な技術力を要する手術ですので名医や病院選びは大事になってきます。当相談所にお気軽にご連絡下さい。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*