目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(腱膜前転法)の効果、その特徴とは

自分では目を開けているつもりなのに常に眠そうな目をしていたり、黒目の下に白目が見える三白眼などの症状にお悩みの方は多いようです。またおでこにしわが寄っていたり下がり眉・二重の幅が広がり三重になっている方には、眼瞼下垂(腱膜前転法)という美容整形術でお悩みを解決することが出来るようです。眼瞼下垂(腱膜前転法)とは上まぶたの二重のラインを切除して、目を開く挙筋という筋肉や腱膜を短縮させて目の開きを改善させる施術です。この施術で得られる美容効果としては目の開きがアップすることで、目の縦幅が広くなるということです。そのため眠そうで小さく見える目の目力を格段にアップさせて、黒目がちな大きな瞳を演出する作用に優れます。また施術の際に余分な脂肪やたるみも同時に取り除くことで、すっきりとした理想的な二重のラインと若々しさを手に入れる効果もあります。そのため美容目的で受ける女性も年々増加している人気の施術です。

眼瞼下垂(腱膜前転法)の効果

小さな目を大きく魅力な瞳に

眼瞼下垂(腱膜前転法)は筋肉を一切傷つけることなく、上まぶたの下がりを改善させる素晴らしい方法ですがそれだけに高度な技術を必要とする施術です。そのため眼瞼下垂(腱膜前転法)を行うと決めた際には、入念な下調べの元に正しい知識を身に付けることが大切です。実際の施術のプロセスは以下の通りに進んでいきます。まず最初に切開するデザインを決めてから局所麻酔を施していきます。麻酔が効いてきたら挙筋や腱膜を短縮するように瞼板に縫い付けていきます。この際に余分な脂肪や皮膚のたるみを同時に除去することも可能です。目の開きを確認したら切除した皮膚を縫合して二重のラインを形成すれば施術は終了となります。眼瞼下垂(腱膜前転法)には小さな目を大きく魅力な瞳に導くという美容的な効果が特徴の施術です。それ以外にもまぶたの開きが改善する事で慢性的な肩こりが解消したり、辛い頭痛の症状を和らげるなどの健康効果にも良い影響をもたらします。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*