目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(腱膜前転法)の名医に関する重要2項目まとめ

多くの女性が美しい自分になるために、ぱっちりと大きく開いた目を持つ事を望んでいます。ですが目の大きさや形というのは、生れ付きの要素で決まってしまうものです。なので瞼が腫れぼったく眠い感じの目付きの人は、以前まではメイクや睫毛を工夫する等して、何とか目を大きく見せようと苦心していたものです。ですが医療の技術力が進歩するにつれて、厄介だった顔の整形手術も、昔に比べて今では随分と気軽に行える様になりました。そのお陰で、ぱっちりとした大きな目に憧れる女性や自分の目の大きさに悩んでいる女性は、整形手術を受ける事により、誤魔化しではなく物理的に目を大きくする事に成功しています。

眼瞼下垂(腱膜前転法)もそんな風に、眠たい感じの目や切れ長の目を、ぱっちりとした大きな目に改善可能な手術の1つであり、多くの女性が現在、受けているものです。しかも眼瞼下垂(腱膜前転法)の手術を名医にお願い出来れば、自分が理想としていた大きさや形の目を手に入れる事が出来ます。

眼瞼下垂(腱膜前転法)の名医

上の瞼を切除してたるんだ皮膚や余計な脂肪を取り除く

眼瞼下垂(腱膜前転法)は、上の瞼を切除してたるんだ皮膚や余計な脂肪を取り除くというのが基本的な術式です。そのため技術力の低い医師に手術を任せてしまった場合には、皮膚や脂肪を取り除き過ぎてしまうという恐れがあります。その結果、目が突っ張った感じの違和感が残ったり、或いは酷い場合にはきちんと閉じる事が出来ないというリスクが生じてしまうのです。同様に切除の仕方が拙いために、左右の目の形や大きさが目立つ形で違っているといった弊害も起きてしまいます。

なので眼瞼下垂(腱膜前転法)の手術を受ける際には、失敗しないための医師選びというのが絶対条件であり、そのためにしっかりと名医を選ぶ必要があるのです。そして名医の選び方としてはまず、過去に眼瞼下垂(腱膜前転法)を数多くこなしている、実績が確かな医師を探し出す事だったりします。その上で更に口コミ情報等をチェックし、実際に手術を受けた人から評判が高い医師を、選び出すという方法が有効です。

眼瞼下垂(腱膜前転法)の名医

腱膜前転法の眼瞼下垂を受けるなら、口コミで人気の美容外科・クリニック

上瞼が垂れ下がってくると目力が衰えて見えたり、いつでも眠たいような表情にさせてしまいます。腱膜前転法の眼瞼下垂を受けることで、ぱっちりとした目元に戻せる場合があり、検査を受けて術式を決定する必要があります。形成外科・皮フ科・美容皮フ科などにおいて施術を受けることができます。

加齢など後天的に起きることも多い眼瞼下垂は、腱膜性で起きることが一般的ですが、別な原因のこともあるため、はじめにしっかりとした検査を行い診断してくれるクリニックなら安心です。適した施術が行われないと、綺麗に回復させることが叶わなくなってしまいます。

二重ラインあたりに切開のデザインを決めて、皮膚のたるみや不要な脂肪が多い場合は、それらの切除も行います。挙筋や腱膜を短縮させるよう瞼板に縫いつけて、目の開き具合を確認し問題がなければ余った腱膜も切除してしまいます。二重ラインをきれいにつくるために、皮膚から腱膜また皮膚という順番に縫合して終了します。

腱膜前転法の眼瞼下垂は、両目で安いところで600,000円くらいの値段で行っているクリニックがあります。デザインに配慮したり、垂れ下がり具合に適して切除や縫合が行われないと失敗し、十分に瞼が開き切らずに効果があまり感じられなかったり、突っ張っているような違和感が残ってしまうことがあります。改善されないと無理に視野を確保しようとして力が入るため、頭痛や肩こりなども引き起こしてしまうと大変ですから、経験が豊富で個々の状態に対して適切な対応ができる医師に担当してもらうことが肝心です。

綺麗に治すことができれば、瞼を開けるために眉毛ごと上に持ちあげる必要もなくなり、おでこにできてしまったしわなども自然に目立たなくなっていく可能性があります。

評判が高い腱膜前転法の眼瞼下垂の施術ができるクリニックであれば、失敗による修正の心配などもなく、眠たいような印象を与えていた目元をぱっちりとさせて、若々しさを取り戻せる可能性も十分にあります。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*