目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(腱膜前転法)の料金相場はいくらなの?

眼瞼下垂(腱膜前転法)は、生まれつきまぶたの筋力がない場合やコンタクトの刺激や老化のなどの後天的由によりの筋力が落ちて瞼が下がって黒目が見えなくなってしまっている場合に行う施術の一つです。

信州大学の松尾教授という人が広めたこともあり、松尾式治療法とも呼ばれています。

眼瞼下垂の施術法には、挙筋前転法、挙筋短縮法、筋膜移植法、タッキング法などがあり、この頑健カス(腱膜前転法)は瞼の開閉をする筋膜が弱っている場合に有効な方法で、まったく瞼の筋力がない場合にはこの施術法では改善できず、移植法のみしか改善法がないとされています。

では、眼瞼下垂(腱膜前転法)における料金相場はどのくらいなのか気になるところです。
基本的に自由診療となりますが、場合によっては保険適用が可能なこともあります。
あらかじめ相場を知っておくと、いざ本気で施術をすることを検討したときの参考になりますので、ダウンタイムやリスクなどと合わせて把握しておくことをおすすめします。

眼瞼下垂(腱膜前転法)の料金相場

切開を行うのでダウンタイムが長くなる可能性

眼瞼下垂(腱膜前転法)は、同じく眼瞼化数の方法である挙筋短縮法と比較してミュラー筋と呼ばれる自律神経と連動し、瞼の裏に存在している筋肉を傷つけるリスクが低いので安心度が高いといえます。

ただ、切開を行うのでダウンタイムが長くなる可能性があり、実は高度な技術力を要する施術でもあるので、クリニックを選ぶ際はたんに費用の安さだけに着目して決めるのだけは避けた方が良いといえるでしょう。

眼瞼下垂(腱膜前転法)における料金相場は、50~70万ほどだとされています。

しかし、眼瞼下垂の症状が重度な場合やすでに日常生活を送る上で支障をきたしている場合には保険適用ができることもありますので、クリニックに相談してみることをおすすめします。

保険適用ができた場合には、4~8万ほどで済むこともありますが、麻酔の種類などによってもう少しかかることも考慮しておくのが良いでしょう。

眼瞼下垂(腱膜前転法)は、失敗すると生活を送るのが困難になる恐れがありますが現在すでに困っている状態であれば施術を受けて改善していくことをおすすめします。

保険診療は安いがあくまで機能の回復のみ

挙筋前転法の眼瞼下垂の治療は、重度の場合には、保険適応で治療をすることも可能になっていて、安い値段で治療が行いやすい治療になっています。

大阪で信州大式眼瞼下垂を受ける料金は、安いクリニックでも片目で20万円以上です。ほとんどの場合は両目の手術が行われるので麻酔の費用などを合わせて50万円程度の予算を準備しておきましょう。

筋膜移植術の眼瞼下垂の手術を治療費用が安いクリニックで受ける場合には、保険適応をしない場合は70万円ほどになっています。

手術にかかる時間はベテランの医者でも2時間くらいで、目の手術の中でも大がかりなほうに分類されます。最初の診断で判断を誤って不適切な方法で瞼を上げようとすると持ちあげる力が足らず手術後にすぐ瞼が垂れ下がってきてしまったり、術後いつまでも回復しなかったり、手術前は二重瞼だったのが失われてしまうなどの失敗もあります。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*