目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(腱膜前転法)の失敗4つと修正手術を実際の口コミから考察

女性の場合は、特に二重で大きく見開くようなぱっちりとした目を好む人が多いものです。ですが自分の目の大きさというのは生まれ付きの要素に大きく左右されるため、切れ長の目になってしまう人もいます。

その結果、ぱっちりとした大きな目に憧れを持つと同時に、自分の目にコンプレックスを抱いてしまう女性もいるのです。もっとも最近では、昔に比べて整形手術も気軽に受けられる時代となっています。

そのため切れ長の目を、憧れのぱっちりとした大きな目にするべく、手術を受けるという女性も増えているのです。そして眼瞼下垂(腱膜前転法)もそんな目を大きくする手術法の1つであり、この手術を受ける事により目の大きさを修正可能となります。

切れ長の目をぱっちりとした目に変身させる事が出来るので、自分の目にコンプレックスを持つ女性もその解消に役立てる事が可能です。ただし注意が必要なのは、眼瞼下垂(腱膜前転法)は、失敗してしまうリスクが存在している事です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介は当相談所へご相談を

挙筋腱膜前転法は眼瞼下垂の悩みを解決してくれる手術方です。失敗の可能性もあるため、手術には高い技術と経験が求められます。上手な医師に担当してもらうことで失敗のリスクを大幅に低くすることができます。

また、クリニック選びも重要な作業の一つであります。

手術前後の不安を取り除き、安心した状態で手術に迎える環境づくりがしてあることが良いクリニックの条件です。おすすめのクリニックは事前カウンセリングや術後のアフターケアが充実しているクリニックです。

カウンセリングで手術に対する不安や疑問を解消し、術後はアフターケアを行ってもらうことで挙筋腱膜前転法への不安を和らげることができます。

クリニックはどこでも同じような環境であると考えたいる方もいますが、それは大きな誤りです。

良いクリニックで上手な医師に担当してもらうことが失敗のない手術を実現させてくれます。挙筋腱膜前転法の失敗は日常生活に支障をきたすようなレベルのものあります。一度失敗したものを修正するために何回も手術を行うケースも少なくありません。

決して簡単ではない挙筋腱膜前転法だからこそ、手術をする際にはしっかりと事前準備をしておくことが重要です。上手な医師と良いクリニックを選ぶことで修正地獄を避けることができます。

眼瞼下垂(腱膜前転法)の失敗

挙筋腱膜前転法の眼瞼下垂に失敗例4つ

目を大きくするだけでなく、目が開いていない状態で起こりうる頭痛や肩こりなどの様々なものを解消することができるため、魅力が多い治療になっています。糸で目を縫うような治療をしますが、きれいな仕上がりであるという評判が高いクリニックであり、手術の跡が分からないように治療を行ってもらうことができるため、満足ができる治療ができます。目の機能を悪くしないようにしてもらえるため、魅力が多いです。

その一方失敗例もあります。

ここでは眼瞼下垂の挙筋腱膜前転法において起こり得る失敗例を考察していきます。

保険診療の注意点

保険診療での挙筋前転法の眼瞼下垂は、保険適応で治せる場合があり、保険を適応すれば、安い値段で治療をすることができます。治療がしやすいような価格帯になっているため、多くの人が治療を行っていて、大きな目に仕上げることが可能になっています。ただしこれは美容眼瞼下垂とは異なります。

美容外科であり、全身のたくさんの治療にも対応していれば、より良い内容の治療をできます。目に合わせた良い治療を選択してもらうことができ、挙筋前転法以外の様々な方法での治療にも対応してもらうことができるため、状態によってよい内容を行えます。

挙筋腱膜前転法の眼瞼下垂手術は「眠たそうで効果が無い」という評判は本当?

挙筋腱膜前転法の眼瞼下垂手術は、眼瞼挙筋の一部を切除するというものです。伸びきってしまった筋肉を切除するので、本来は重度の眼瞼下垂を改善し、パッチリした目元になります。

しかし、「眠たそうで効果がない」という評判や口コミがあるクリニックは、医師の外科的なスキルに問題があったといっても過言ではありません。技術が高い医師であれば「眠たそうで効果が無い」どころか、「眠たそうな目が開いた」ということになるはずだからです。

挙筋腱膜前転法の眼瞼下垂手術後に後戻りしてしまうって本当?

実はこの挙筋腱膜前転法の眼瞼下垂手術は、後戻りしやすいというリスクをはらんでいます。良い医師やクリニックほど、術前に「後戻りしやすい」ということを説明してくれるはずです。

なぜ後戻りが起こるかといえば、やはり医師の経験や技術によるものが大きいでしょう。ベテランの医師であれば、目と眉の距離を近づけ、審美性を追求します。一方、事前に具体的な説明やアフターサービスがない病院は、注意した方がいいでしょう。

挙筋腱膜前転法で二重幅が変わるって本当?

挙筋腱膜前転法には、二重幅が変わる経皮法と変わらない結膜法の2種類があります。きちんとしたクリニックや美容外科であれば、事前に必ず説明があるはずです。逆にこれらの説明がない医院の場合、手術の失敗やリスクの危険があるといってよいでしょう。

一見、二重幅が変わる経皮法がお得に思えますが、結膜法は腫れが残りにくいというメリットがあります。「二重幅が変わるから」と経皮法に決めるのではなく、慎重に判断するようにしましょう。

眼瞼下垂(腱膜前転法)の失敗とは?

挙筋腱膜前転法の眼瞼下垂、トラブル・修正地獄を避けるためには

眼瞼下垂の症状は先天性のものと後天性のものがあります。

先天性のものの場合、瞼を上げる筋肉でもある眼瞼挙筋が一般の方と比べ低く、瞼が黒目の上まで上がらない状態となります。

反対に後天性のもの場合はコンタクトレンズによる刺激や老化の影響により発症することが多くなっています。

コンタクトレンズを使用される方も増えてきたことによって、眼瞼下垂でお悩みの方も増加傾向にあります。

眼瞼下垂の治療法のなかに挙筋腱膜前転法があります。上の瞼の二重のライン上を切開することにより、眼瞼挙筋膜を短縮させていきます。その結果、まぶたを引き上げる力が強くなり、目の開きが大きくなります。

黒目が大きくなり、目力がアップする方法ではありますが、経験の浅い医師に当たってしまうと思わぬトラブルに繋がる可能性もあります。

挙筋腱膜前転法の失敗には目を閉じることができなくなったというような日常生活に支障をきたすレベルのトラブルもあります。

また、右目と左目で左右差が生じてしまうケースもあります。左右差が生じてしまった場合は均等にするために修正手術を行わなければなりません。

修正手術は1回で終わるとは限らず、均等になるまでに複数回修正を行うケースもあります。

手術の値段等で安易に決めてしまうと、日常生活に支障が出るような失敗に繋がることもありますので十分に注意が必要です。

医師やクリニック選びは慎重に

そもそも眼瞼下垂(腱膜前転法)は、目の上の瞼の脂肪や皮膚を切除した上で縫い付けるという手術法です。そのため瞼の脂肪や皮膚を適切な量だけ切除する必要があり、切除し過ぎてしまうと、眠たい感じの目や切れ長の目は修正出来たものの、きちんと目が閉じなくなるというリスクが生じてしまいます。

更に中には明らかに左右の目の大きさや形が違ってしまう等、眼瞼下垂(腱膜前転法)の手術に失敗した際には目立つ形となったり、日常生活に支障が出てしまうケースが多いです。

そのため、手術失敗を避ける事こそが重要であり、手術を受ける際には医師やクリニック選びを慎重に行う必要があります。その方法としておすすめなのが、まずは過去に多くの眼瞼下垂(腱膜前転法)の手術を行ったという確かな実績がある医師やクリニックを選ぶ事です。

その上で、実際の手術経験者からの評判の高い医師やクリニックを選ぶ様にすれば、手術失敗の可能性を大幅に軽減する事が出来ます。

上手な医師・クリニックの特徴

挙筋腱膜前転法には高い技術が求められます。

しかし、中には技術や経験の乏しい医師が手術に当たることがあります。挙筋腱膜前転法の失敗は生活に支障をきたすようなトラブルもありますので、医師選びは慎重に行わなくてはなりません。知識だけがあり、経験の浅い医師も危険です。

高い技術と経験量が求められるのが挙筋腱膜前転法の手術です。良い医師を見つける際に大切にしたい条件の一つが技術の高さです。

また、経験値の高さも上手な医師の特徴であると言えます。挙筋腱膜前転法は簡単な手術ではないため、高い経験値が求められます。未熟な医師なかかってしまうと思わぬトラブルに繋がることも少なくありません。

一般の方にとって技術や経験値を判断することは容易ではありません。そのため、経験の浅い医師が手術を行うといった危険な状況に陥ってしまうのかもしれません。高い技術を自分の目で判断することが難しい場合は専門家に意見をうかがうのも一つの方法です。一般の方では判断が難しいケースでも的確な助言をもらうことができます。

挙筋腱膜前転法の手術を行う際は医師選びも重要な作業となります。失敗するリスクを減らすために、慎重に医師選びを行うことが必要です。

名医を見分けるポイントは?

「この手術は、5分ですぐに終わります」とやたらにスピーディーさを強調する医師は注意してください。名医であればあるほどリスクを考慮して、患者側にもあらゆるメリット・デメリットを考慮する姿勢を求めます。

医師側もリスクを知っているので、名医であればあるほど、手術時間の短さをアピールすることはありません。手術の失敗は未熟な医師によるいわゆる「時短手術」によることが多いといわれているので、熟練の医師にかかるようにしてください。

東京や大阪などには病院が多い?挙筋前転法の眼瞼下垂をしているクリニック

挙筋前転法の眼瞼下垂は、眼瞼挙筋や挙筋腱膜を切除しないで、筋肉に傷をつけないような内容の治療法であり、体へのダメージを最小限にとどめながら実施することが可能であるため、口コミなどの評判が良い手術法になっています。瞼の皮膚を切開するような方法であり、経験が少ない医師の場合は、失敗してしまうようなリスクが高くなります。

当相談所では、挙筋前転法の眼瞼下垂が評判なクリニックをご紹介しております。目に関するあらゆる治療に対応しているため、目をトータル的に良いものにケアしてもらうことが可能になっています。

美湯整形は、技術的に高い病院を選択しなければなりません。

クリニックを選ぶ際には、治療実績が豊富な医師を選択することが重要になっています。

治療をできるクリニックは、美容外科だけでなく、眼科も多いですが、美容外科の場合は、縫合する技術が上手であるため、きれいに仕上がる可能性が非常に高く、人気も高くなっています。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*