目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(筋膜移植術)のダウンタイム、気をつけるのは?

眼瞼下垂(筋膜移植術)のダウンタイムで、気をつけるのはどんなことがあるのでしょう。眼瞼下垂(筋膜移植術)のダウンタイムでは、2週間くらいは目立つような腫れがあります。気になるとは思いますが、手で触らないようにしましょう。熱を持って気になるようであれば、保冷剤等を清潔なタオルに包んで、軽く冷やすなどの処置をしてもいいです。腫れをひどくさせるような、摩擦などをかけるような行為は控えましょう。とくに朝や夕方には、目元にはむくみを感じやすくなります。目ヤニも増えますので、そのときには清潔なティッシュなどで、やさしく拭き取ることです。感染症になることも考えられますので、もしもその時には、腫れの症状はもっと長引きます。合わせてあるのは、内出血の症状です。紫色に変わっていきますが、それも3週間ほどもすれば落ち着くようになります。白目にも内出血になることがありますが、その場合は目元が赤くなって、3週間程で消えていきます。

眼瞼下垂(筋膜移植術)のダウンタイム

ダウンタイムで気をつけるのは肌との付き合い方

眼瞼下垂(筋膜移植術)のダウンタイムはありますが、気をつけるのは肌との付き合い方です。内出血や腫れがある手術なので、強い刺激を与えないようにしましょう。眼瞼下垂(筋膜移植術)の痛みは3週間ほどは続きますが、傷口も落ち着いてくれば治まれば消えていきます。

メイクに関しては抜歯を行った翌日から、眉毛とアイメイクをすることができます。それ以外のパーツに関しては、手術をした日から可能ですが、目元へのことも考えると、控えめにしたほうがいいでしょう。

コンタクトレンズの使用に関しては、手術の当日は控えます。その日はメガネで乗り切りましょう。使用をするのは手術の翌日からにはなりますが、その時に違和感があったら使うのはストップします。コンタクトレンズを入れて、ゴロゴロとしたら、それは使うにはまだ早いです。手術を受けた人同じように、メガネをかけて過ごすようにしましょう。

目元には不衛生な手では触れないようにしましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*