目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(筋膜移植術)の名医はどう判断すればいい?

眼瞼下垂(筋膜移植術)は、まぶたを持ち上げる筋肉の働きが弱いことが原因で起こっている、目が細く見える、眠たそうな目に見える、目つきが悪く見える、眉毛を上げることで目を開けているなどの悩みを改善出来る手術です。
この手術の方法は、こめかみの側頭筋膜か太ももの大腿筋膜を採取して、まぶたを閉じる筋肉の下に移植するなどの方法でまぶたがちょうど良い感じに開くようにし、移植手術をした部分と筋膜を採取した部分の傷を縫い合わせて終了という方法になります。
眼瞼下垂(筋膜移植術)の名医を探す時にどう判断すれば良いかについては、まず、この手術が患者さんに適した手術法であるかをきちんと判断出来る知識を持った医師であることが必要な条件になります。
眼瞼下垂には軽度の人から重度の人まで程度の違いがあり、軽度の人の場合には筋膜移植術よりも適している手術法があるため、患者さんの状態をしっかりと診察した上で的確な手術法を提案してくれる医師が、名医としておすすめ出来ると言えます。

眼瞼下垂(筋膜移植術)の名医

手術は2時間ほどの時間がかかります

眼瞼下垂(筋膜移植術)の名医を選ぶ時には、この症状と手術についての知識を持っており、患者さんにとって適切な手術法を選べる医師が良いと書きましたが、もしも眼瞼下垂(筋膜移植術)をするべき患者さんに対して、他の方法である挙筋腱膜を前転、短縮する手術法を行ってしまうと、見た目的にも不自然な目になってしまったり、ひどいドライアイになってしまうなどの悪い影響が出る場合がありますので、医師選びは慎重に行いましょう。
また、この手術は2時間ほどの時間がかかることがあり、まぶたというデリケートな部分への手術であるため、手術の技術が優れている医師であることも、眼瞼下垂(筋膜移植術)の名医を探す時には外すことの出来ない条件となるでしょう。
眼瞼下垂は目がキレイに見えないという美容上の問題の他にも、重度であれば肩こりや頭痛、めまいなどの症状を起こす原因となることもあるので、美容クリニックなどで名医を探し、改善する方法を探すのがおすすめです。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*