目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(筋膜移植術)に失敗したら?3つの失敗例を分析

眼瞼下垂とは上瞼が黒目の部分まで下がってしまっている状態を指します。眼瞼下垂には先天性で生まれつき上瞼を上げる挙筋が弱い状態と後天性のコンタクトレンズなどの長期使用による刺激、加齢による老化の為に上瞼の挙筋が弱る状態があります。

その手術方法として筋膜移植法というものがあります。眼瞼下垂(筋膜移植術)は眉毛を上げる前頭筋と瞼をつなぐ方法です。筋膜を移植して連結する為、身体の筋膜から移植します。眉毛の動きを使い瞼を上げる方法です。

筋膜吊り上げ術とも呼びます。挙筋の機能が無い場合などはの眼瞼下垂(筋膜移植術)しか方法はありません。重度の眼瞼下垂の治療として行われています。

通常は太ももの内側から筋膜を採取し眼輪筋に移植します。繊細に切開し固定する為にとても高い技術力が必要とされます。瞼と太ももを切開する為に切開箇所は小さいですが、手術時間は90分から120分程かかかります。繊細な手術な為、失敗などの例もしっかり理解しておくことが大事です。

眼瞼下垂(筋膜移植術)に失敗

眼瞼下垂(筋膜移植術)のデメリット

眼瞼下垂(筋膜移植術)のデメリットや失敗についてです。非常に難しい手術ですので医師の技術力が全ての結果を握ります。そして入浴制限や運動制限などがしばらく続くことです。腫れや内出血などのダウンタイムも長めになります。失敗例としては、開きが悪いことを解消する為の手術ですが開き過ぎて目が閉じづらくなることです。

そして左右差が出てしまい不自由な状態になることです。眉が下がることによる二重幅の変化や二重のライン消失などもあります。またすぐに元の状態に戻ってしまう例もあります。傷跡がくっきりしてしまうことや、傷跡が汚い状態、白目が出過ぎる三白眼、涙もろい袋がなくなってしまうこともあります。瞼以外を切開するので、太ももなどの運動障害などもあります。このように眼瞼下垂(筋膜移植術)はとてもリスクのある手術であり、同時にとても効果も得られる手術でもあります。技術力の高い医師とカウンセリングをしっかり行ってくれる病院選びがとても大切です。当相談所までお気軽にご連絡下さい。

筋膜移植術の眼瞼下垂の失敗例

究極の修正方法である、筋膜移植による眼瞼下垂ですが、やはり失敗するリスクはあります。失敗例についてまとめたのでご覧になってみてください。

眼瞼下垂(筋膜移植術)の失敗

筋膜移植術の眼瞼下垂の失敗、眠たそうで効果が無いといったケース

眼瞼下垂とは、先天的または後天的な病気で瞼の筋肉が弱く瞼が上がらなくなるといった症状のことです。これにより瞼が上がらないので眠たそうな印象を与えることになります。これらを改善する方法として眉と上瞼の一部を切開してトンネルを作り、そこに太ももやこめかみあたりから採取した筋膜やゴアテックスと呼ばれる人工物を挿入し縫合するといったことが行われます。
ただし、手術を行う医師の技量によっては眠たそうで効果が無い場合があります。

筋膜移植術の眼瞼下垂の後戻りとは

眼瞼下垂の治療方法としては、筋膜移植術とゴアテックスなど人工の板を挿入する方法がありますが、このうち人工の板を挿入する場合には素材そのものが硬いため筋力そのものが弱い場合には効果を発揮しませんし、またせっかく手術をしても後戻りするリスクもあります。
一方で筋膜移植では筋肉組織であるため人工の板を挿入するよりも、比較的後戻りするリスクが低いとされます。ただし効果が出るかどうかは医師の技量によって変わってきます。

皮膚の変色の可能性は

失敗例として見られる皮膚の変色とは?

切開して筋膜を移植するという手術である以上、皮膚の変色のリスクはあります。特に術後は内出血などで変色することになりますが多くは1週間程度で改善し1ヶ月も経てば目立たなくなります。
一方で、それでも皮膚の変色が治まらない場合には感染症になっている可能性があります。特に過度な変色が続く場合には色素沈着を引き起こす可能性が高くなりあざとなって残る可能性があるため、術後のアフターケアが重要になります。

筋膜移植術の眼瞼下垂では名医に依頼することが重要

筋膜移植術の眼瞼下垂は、一般の病院から美容整形まで幅広いクリニックで行っていますが、手術によって確実な効果を得たい場合には経験の豊富な名医に依頼することがポイントになります。
特にこの手術では人工物の挿入では効果が出にくい傾向にあり、また筋膜移植であっても効果が出ないリスクがあります。このため医師の経験によって、事前の検査で効果が出るかどうか見極めることが、失敗しない上でも必要になります。

筋膜移植術の眼瞼下垂で評判の良いクリニック教えます!

眼瞼下垂の複数の手術の方法や、他の目を大きくするような手術を多数取り入れている場所であるため、医師と相談しながらベストな治療法を選びやすくなっています。場合によっては、デザイン性は下がりますが、保険適応の治療も選択することができ、治療に関する費用を安いものにしてもらうなどの相談もすることができるため、多くの希望に対応してもらうことができます。目以外の体のさまざまな悩みについて相談することもでき、顔の治療をした場合には、目の治療効果を高めるような治療をしてもらうこともでき、顔の印象を大きく変えていくことができるので、多くの人が満足のできるプランを提案してもらうことができるので、とても魅力がある環境になっています。

筋膜移植術の眼瞼下垂の手術を安い費用で行うことができるクリニックでしてもらう場合、70万円ほどで行うことができます。筋膜移植術の眼瞼下垂の手術は、瞼を開くために必要な筋肉を移植していく治療法になっています。筋力を補っていくことで、確実に目を開きやすくなり、目が非常に開きにくい、重度の眼瞼下垂の治療に向いている治療法になっています。二重の瞼に仕上げてもらえたりもすることができるため、目の印象をかなり変えていくことができ、好印象の表情になるように仕上げてもらうことができます。

カウンセリング回りの体験談・口コミ

東京でこの手術の症例が多い病院を探していました。、筋膜移植術の眼瞼下垂の手術などを受けることによって、目が大きく開ける状態に変えたいと考えている人には安全性が高い美容外科などのクリニックは、ヴェリテクリニックやプリモ麻布十番クリニックなどが挙げられていましたので、とりあえず診察へ。

あと東京の湘南や大塚では、眉毛などの位置とのバランスもしっかりと考えた治療をしてくれるため、評判が良い内容の治療になっているとのこと。失敗しないように、たくさんのシミュレーションをしてもらうことができ、満足できるような治療ができるので、安心できました。日帰りで治療をしてもらえるため、時間があまりない人も手術がしやすくなっていますね。

 

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*