目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

黒目整形のアフターケアとしてすべきこと

ここ数年若い女性の間で人気のデカ目コンタクトレンズ(黒目を大きく見せる縁のあるレンズ)ですが、最近は美容整形においても黒目整形と言われる施術が人気です。この施術はメスを使い瞼を切って筋肉を吊り上げる方法とメスを使わず糸で瞼を吊り上げる方法があり、瞼を上げる事で黒目が見える範囲を広げる施術です。施術時間はメスを使うタイプで1時間半ほど、メスを使わないタイプで20分~30分ほどで完了し、ダウンタイムはメスを使うタイプが1週間~10日間、メスを使わないタイプで2日~3日ほどとなっています。また、黒目整形で大事なアフターケアとしては浮腫みを減らすために冷たいタオルで冷やしたり、術後当日は水分を摂りすぎないようにすること、また、傷口や針穴にファンデーションなどが入り込まないよう目元メイクは数日避け、コンタクトレンズを使用している方は出来ればダウンタイムが終わるまでは控える事が大事です。他にも喫煙者は傷の治りが悪くなるので安定するまで喫煙は控えるのが良いようです。

黒目整形のアフターケア

コンタクトのように外すと元に戻る事もないため注目

最近は目を大きく見せるコンタクトレンズ(黒目を大きく見せる縁のついたレンズ)が若い女性の間で人気があります。美容整形でも「黒目整形」という施術があり、コンタクトのように外すと元に戻る事もないため注目されています。この黒目整形というのはメスを使い瞼を切って筋肉を吊り上げる方法と、メスを使わずに糸で瞼を吊り上げる方法があり、どちらも瞼が上がる事で黒目の見える範囲を広げるという施術です。またこの施術は加齢や眼精疲労などにより瞼が下がってきた方にも有効なので若い女性だけでなく幅広い年代がこの施術を受けています。また、メスを使わない方法ですとダウンタイムも短く傷跡もないためバレずに顔の印象を変える事が出来るので特に人気があるのですが、どちらの方法にしても麻酔を使用し皮膚への負担もかかるため術後のアフターケアも大事です。例えば、瞼が腫れて浮腫みが出ている場合は冷えたタオルを当てたり、針穴や傷に化粧品が入らないように目元メイクは数日避け、炎症が起きないよう安定するまで喫煙を控えるなど小さな事ですがそういったケアをすることでより一層綺麗な目元が出来上がります。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*