目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

黒目整形のメリットっていったい何?

黒目整形は、黒目を大きくするわけではなく、黒目を下げて黒目を大きく見せる手術です。黒目を90パーセントほど見せるのが理想で、二重の整形ではないので、手術をしたことが周囲にばれにくいというメリットがあります。
目の大きさの印象は、どれくらい黒目が見えているかで大きく左右されます。黒目が70パーセント見えていると一般的に大きな目といわれ、90パーセントだとデカ目という印象になります。
一方50パーセントほどだと、眠たそうに見え、暗い印象を与えてしまいます。
黒目整形の手術は、上瞼の眼瞼挙筋を縫い縮めることで、瞼の開く力を強化して、眼の縦の幅を広げていきます。

日本人の黒目は、誰でもほとんど同じ大きさで、生まれた時から大きさは変わらず、11~12.5ミリです。どうして黒目が大きく見える人と、小さく見える人がいるのかというと、見えている黒目の割合が違うからです。
これは瞼を開く筋肉が弱かったり、瞼が下がっていることで、見え方が違ってきます。
黒目そのものを大きくすることはできませんが、眼球を支える眼輪筋を鍛えて瞼を大きく開けるようにすれば、黒目を大きく見せることができます。

黒目整形のメリット

黒目の縦幅を大きく見せることができる整形手術

最近は目を大きく見せるために、カラーコンタクトをしたり、まつ毛エクステやつけまつ毛をしていますが、黒目整形は、黒目の縦幅を大きく見せることができる整形手術です。
現在の整形手術でも、黒目自体を大きくすることはできませんが、黒目整形で、目の周辺の筋肉や瞼にメスを入れることで、黒目の見える面積が増え、黒目が大きく見えるのがメリットです。

黒目は、80~90パーセント見えているのが理想で、この割合が美人のポイントと考えられています。もし黒目の50パーセントが瞼で隠れていると、疲れて見えたり怒っているように見え、他人に与える印象も悪くなります。
目を大きく見せるためには、目が大きく開いていることで、白目に対してしっかりと黒目が見えていることが大事です。そのため、黒目が見えていない状態で二重のラインだけが広いと、眠たそうな印象を与えることになるので、目を大きく見せるためには、瞼を引き上げて縦に大きく見えるようにするのが効果的です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*