目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(挙筋短縮法)のアフターケアで大事なポイント

幅広い世代に人気のぷち整形、手頃な値段と日帰り手術で入院せず仕事帰りでもできる気軽さ、大胆に整形をせず、気になる箇所だけできるので他の人にもばれにくいというメリットがあります。最近ハーフタレントの活躍が注目されるなか、ハーフ顔になりたくて整形をする方が倍増しています。そんな中で、目の整形は人気なのですが、眼瞼下垂(挙筋短縮法)という治療方法があります。瞼が重く垂れ下がり、腫れた印象や目が小さい、顔の表情が暗く見えるという印象になり増す。先天性や後天性の方も居るため、改善して視界を良好にしたいという方にはお薦めの治療法です。瞼の開閉に必要な筋肉が緩んだ状態なので、この筋肉を短くして正常な位置に戻すという方法です。下垂は疾病になるため、保険適用されます。治療を行う前に必ず医師に相談をしてください。で、そんな眼瞼下垂(挙筋短縮法)のアフターケアはどんなものか。正しいケアをして、術後のトラブルを回避しましょう。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)のアフターケア

眼瞼下垂(挙筋短縮法)のアフターケア

眼瞼下垂(挙筋短縮法)をしたあとのアフターケアですが眼瞼下垂(挙筋短縮法)を行ったあとの3日間は冷たいタオルや柔らかくしたアイスノン、氷水で何回かに別けて、冷やします。内出血は温めると早く消失しますので、ホットタオルを乗せましょう。泣くと余計腫れます。また表情が豊かすぎると腫れやむくみの原因になりますので、無表情ですごしましょう。洗顔は可能ですが、患部をなるべく抜糸後まで濡らさないようにしてください。擦らないようにしてください。瞼にテープを貼っている場合は、濡らすとべたつくので気を付けてください。1週間はお風呂を避けて(血行が良くなると腫れる場合があります)シャワー浴が望ましいです。その際傷口が濡れてしまっても問題ありません。お酒やタバコは血行の関係があるので、1週間は控えましょう。運動は1週間控え、刺激物を控えましょう。コンタクトレンズは術後1週間経ってからの方が望ましいです。これらを守り、トラブルが起こらないように気を付けましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*