目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の名医の条件2つ

加齢などで上まぶたの筋力が落ちて筋肉が伸びきってしまい、まぶたが力なく下がり、たるんだまぶたのせいで二重だった人が一重になったり、眠たそう眼になってしまう「眼瞼下垂」という状態になった場合に、眼瞼下垂(挙筋短縮法)という手術を行います。

眼瞼下垂は、まぶたへ刺激を与え続けてしまった場合やパソコンなど目に集中する作業が多い人、逆さまつ毛の人などにも多く、これらのような人もこの手術を行う場合があります。眼瞼下垂(挙筋短縮法)の手術は、保険医療でも行っている手術ですが、その場合は保険適用となるので、デザインや見た目よりも機能が重視された手術となります。

この手術を美容整形ので行う場合、機能面だけでなくデザインや見た目も考慮した手術を受けることが出来ますので、美容整形の方がより美しい仕上がりとなります。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の手術は、二重まぶたの開きを調整しながら個人個人に合わせて行うことが必要になるため、この手術の名医の条件にあてはまる医師は、その点を考慮して手術を行える医師がこの手術の名医であると言えます。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の名医

挙筋短縮法の眼瞼下垂を受けるなら?口コミで評判の良いクリニックはココ

瞼が下がって、重たい印象になってしまったり、瞼が下がって視野に影響を与える状態になってしまう眼瞼下垂は、眠たそうで老けた印象になってしまったり、瞼がたるむことで一重になってしまうことがあり、挙筋短縮法という瞼を引き上げる施術が用いられます。眼瞼下垂は、加齢によって上瞼の筋力が落ちて、筋肉が伸びてしまい、瞼が下がってくる現象ですが、最近は、パソコンやスマートフォンの影響や逆さまつ毛のために眼瞼下垂になる人も多く、比較的ポピュラーな施術です。

挙筋短縮法の眼瞼下垂は、目の整形手術を受けることができる美容外科やクリニック全般で扱っています。生活に支障をきたす場合には、保険適用にすることもできますが、デザインなど美容面も重視して、きれいな目元になりたい人も多いので、カウンセリングでよく相談をしてから決めることがおすすめです。症例写真などを見せてもらうと、仕上がりのイメージを伝えやすくなります。

年齢とともに、上瞼の筋肉が衰えて、徐々に筋肉が伸び、瞼が瞳の方に重く下がってくる眼瞼下垂は、眠たそうなぼんやりとした目元になってしまったり、老けて見えたりしますが、挙筋短縮法でまぶたを引き上げ、ぱっちりとした目元にすることで、若々しさを取り戻すことができます。加齢の他にも、目を酷使している人や逆さまつ毛の人など、最近は若い人でも眼瞼下垂の症状が出る人が増えてきており、手術を受ける人も増えてきています。

挙筋短縮法の眼瞼下垂の整形手術を受ける場合、50万円前後の料金がかかりますが、美容外科やクリニックによって料金は異なるので、挙筋短縮法の眼瞼下垂の施術を受ける前に、カウンセリングで費用の総額を確認してから決めることがおすすめです。安いクリニックもあるようですが、目は人目に付きやすく、印象に残りやすいパーツなので、仕上がりがイメージと違うなどの失敗を防ぐために、挙筋短縮法の眼瞼下垂の施術数が多く評判のクリニックを選択することが、きれいな目元になるためのポイントです。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の名医

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の名医の条件

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の手術では、切開することで皮膚の厚みや脂肪の量、腱膜の状態、筋肉の量などが分かる場合が多数あり、実際の手術の際はそれぞれの状態に合わせて切除したり、固定したりなどの判断をしながら行わなくてはなりません。特にこの手術では、腱膜をどのくらい縮めて固定するかによってまぶたの開きを調整しなくてはならないため、熟練された技術が必要となります。
眼瞼下垂(挙筋短縮法)の名医の条件は、「これらの手術中の判断をしっかり行うことが出来る知識や高い技術を持っている」ということです。
この手術では、まぶたの開きによって二重の幅が変わってくるため、二重の幅とまぶたの開きをしっかり確認して手術を行える技術が必要です。そのため、「長年のスキルと症例数が多い」ことも名医の条件として必要な点です。
当相談所では、判断力のある豊富な知識・経験と高い技術力を持った名医の紹介を行っていますので、お気軽に当相談所へご連絡下さい。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*