目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(挙筋短縮法)を選ぶメリットとは

眼瞼下垂とは、まぶたの筋肉が伸びきっていてまぶたがしっかりと開ききらない状態の目のことをいいます。この症状には先天性のものと後天性のものがあり、後天性で発症する方の原因として、パソコンの使い過ぎなどによる目の酷使やコンタクトレンズによる刺激、または老化現象などが考えられます。保険適応で眼瞼下垂(挙筋短縮法)を受けることもできますが、まぶたに視界を遮られるなど、重度の方に限ります。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の方法は、まぶたを皮膚側から切開する方法と結膜側から切開する方法があります。いづれの方法もまぶたの筋肉(挙筋)を露出させ、余分な部分を切除し、縫合するというものになります。眼瞼下垂(挙筋短縮法)のメリットとしては、今まで開ききらなかったまぶたが弱い力でも見開くようになるので、目がパッチリと大きくなったように見えます。さらに皮膚側からの切開による手術だと、一重まぶただった方は切開部分から二重まぶたになるというメリットもあります。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)のメリット

結膜側からの切開術がおすすめ

眼瞼下垂(挙筋短縮法)はまぶたを切開するため、傷が残ることを不安に思う方もいると思います。確かに皮膚側から切開すればいづれ目立たなくなるにしろ傷跡が残ることは避けられません。そういった場合には結膜側からの切開術がおすすめです。この方法にはまぶたに傷跡を残すことなく眼瞼下垂(挙筋短縮法)が受けられるというメリットがあります。ただし、皮膚側からも結膜側からもリスクが伴う手術だということをお忘れないようにしてください。

なぜなら、まぶたには全身の交感神経につながる筋肉が存在しており、その筋肉を万が一手術中に傷つけてしまうと、目が半開きのままになってしまう可能性があります。このように、眼瞼下垂(挙筋短縮法)は高度な技術を必要とする手術なのです。美容整形手術は近年ますます身近なものになってきています。しかし、体にメスを入れるという行為は少なからずリスクを伴うことを今一度よく考え、そのリスクを十分に理解の上手術に臨みましょう。

評判が良いクリニックで挙筋短縮法すること

挙筋短縮法の眼瞼下垂の手術とは、伸びてしまった、目を開けるための筋肉を一部切除して短くすることで、目をぱっちりとさせる手術のことです。

手術は数時間で終わるもので、その日のうちに帰宅することも可能ですが、目元の腫れや内出血が起こるので、サングラスなど目元を隠せるものを用意しておいたほうが良いでしょう。

その後も、手術跡が落ち着くまでは不要な外出などは控えておいたほうが良いでしょう。
傷跡が落ち着くまでは目立つので、ダウンタイム中のスケジュールの調節などを行い、出来るだけ安静に過ごせる状態にしておきましょう。女性の場合には、その間メイクが出来ないので注意しましょう。

腱膜前転法の眼瞼下垂は繊細な手術で、高度な技術が用いられるため専門医による対応が必要です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*