目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

埋没法のメリットで一条ありさの様な目元になれる?!

埋没法とは、メスを使わず医療用の針と糸を使って二重まぶたをつくる施術のことです。

髪の毛よりも細いといわれる医療用の糸を、まぶたの内側から留める、という手術です。プチ整形として人気が高い方法です。

手軽に行うことができる施術として若い女性に人気があり、メリットも多いということで、埋没法を選ぶ人が増えているといいます。

この方法は、一般的に瞼板というところに糸を留める瞼板法、という術式で行われることが多いです。瞼板は眉毛の生え際にあるので、そこと皮膚を直接結ぶことで目立たない、ということです。

また、クリニックなどによって術式が多少違う方法で行うところもあるといいます。たとえば、完全埋没法というものもあります。瞼板ではなく、挙筋という目を開ける筋肉に糸を通します。

この方法なら、糸が角膜に接触することがないので、手術直後のツッパリ感を感じたり、腫れが少ないといいます。

また、糸がまぶたの中に完全に埋没することになるので、眼球を傷つける心配がないということが特徴です。

埋没法のメリットで一条ありさの様な目元になれる?!

3年から5年で50%以上の確率で二重が消失

埋没法のメリットは、手術をしたことがわからないほど自然な二重まぶたになることができる、というところです。

先にも書いたように、髪の毛よりも細い医療用の糸を使うのですが、この糸は細くてしなやかななので、切れる可能性が少なく、生体との反応も安定しているといいます。

埋没法はメリットがとても大きい方法ですが、同時にデメリットもきちんと理解しておくことが大切です。

まず、一般的な埋没法は、3年から5年で50パーセント以上の確率で二重が消失するといいます。

二重ではなく、一重まぶたに戻ってしまうということです。たとえ数年二重が維持されたとしても、少しずつ糸で固定したラインが重力で下がってきてしまい、二重の幅が狭くなっていくことがあります。

ごく稀に、埋没させている糸が皮膚の下に透けて見えてしまう、ということがあるといいます。
プチ整形として流行っていますが、このようなこともあるということを理解しておくことが大切です。

埋没法のメリット

一条ありさと同じ目になるための整形

はれぼったくて脂肪の厚い一重まぶたをコンプレックスに思っている女性は多いのではないでしょうか。女性なら誰でもぱっちりとした大きな目になりたいと思うものでしょう。

コンプレックスに思うあまり、毎日アイプチを使用している人もいるかもしれませんが、アイプチは皮膚に負担をかけるので、かぶれなどが気になる人もいるでしょう。

一重まぶたのままでは外に出られないほどに悩んでいる人もいます。性格まで暗くなってしまうくらいなら、美容整形を受けることを考えてみるのも良いかもしれません。

美容整形なら、一条ありさのような大きな目にすることもできます。

一条ありさのような目にするには、まずは二重まぶたに整形する必要があります。

プチ整形として人気なのが埋没法という糸で留めるだけの方法です。手術時間もダウンタイムも短くて済むのですが、簡単な糸留めなので取れやすく、一重に戻ってしまうことがあるという点がデメリットです。

効果を一生持続させたいなら切開法という切開を伴う二重形成がおすすめです。切開するので、術後の腫れが1~2週間続きますが、くっきりとしたラインになるので、よりぱっちりさせたい人にもおすすめです。

一条ありさのようになるためには、二重にするだけではなく、涙袋を作る治療も必要です。

笑った時にできる膨らみは愛らしい顔に必要不可欠であり、女優やアイドルは涙袋がある人がとても多いです。これはヒアルロン酸注入によって作ることができます。

ぱっちりした二重まぶたとふっくらした涙袋があれば、すっぴんであってもとても魅力的に見えます。

しかし、整形の成功のために欠かせないのが医師の腕です。確かな技術を持ったドクターを選択しましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*