目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

埋没糸抜糸の名医はどう見分ける?

目元がパッチリしていると目が大きく見えて魅力的な女性に見えます。メイクでもアイラインやその場で二重にできるグッズもありますが、根本的な解決にはならずすっぴんでは印象が違うということになってしまいます。またメイクによって瞼や肌自体に負担をかけてしまっているという逆効果にもなってしまいます。そこで注目を集めているのが数十分の手術で済んで、メスも使わない埋没法です。埋没法は瞼を留め合わせることで、二重を作る方法です。二重が癖付けされたら埋没法抜糸をするので、糸は体に中には残りません。埋没糸抜糸のやり方によっては、せっかくきれいに仕上がっていた二重が崩れてしまう、腫れが発生してしまうなどのトラブルもあるので注意したいところです。ポイントは手術後の埋没糸抜糸の名医を探すことなのです。ここまできれいに終えることで、本当の完成されたきれいな二重瞼なのです。手術後のケアなども含めて、トータルで信頼おける医師にしましょう。

埋没糸抜糸の名医

抜糸がうまくいかないと二重の形が崩れてしまう可能性

どうやって埋没糸抜糸の名医を探すのかが問題になってきます。手術前と手術後の写真の比較などを出している広告もありますが、抜糸については判断できません。抜糸がうまくいかないとできてきた二重の形が崩れてしまう可能性もあります。右目はきれいだけど、左目だけ形が変になったり幅が違うということにもなりかねません。抜糸するときこそ、細心の注意が必要なのです。また、抜糸で瞼を刺激を加えたり、摩擦や傷を作ってしまってはトラブルの原因になってしまいます。二重はキープできても抜糸によって雑菌が入ったり、傷口を化膿させたりすれば腫れや内出血などが起きます。そうなるとまたしばらく目をケアしたり、メイクができない、痛みが出るなどの状況になります。埋没糸抜糸が丁寧で安全な医師を探すには、口コミを参考にしてトラブルがないかどうかをチェックしておくとよいでしょう。また、クリニック全体としても衛生面に十分留意しているのかも情報を集めておきましょう。

埋没糸抜糸の名医

埋没糸抜糸の評判が良いクリニック。口コミの内容は?

埋没法はメスを使わず二重まぶたになれる、プチ整形の1つです。
手軽な施術という事もあり、多くの方が施術を受けています。

ただ、プチ整形といっても失敗しないという事はありません。
埋没法に失敗してしまった場合、二重のラインがガタガタになる、ラインの幅が広すぎて不自然な印象になる、固定した糸が飛び出すなどして眼球を傷つけたり、痛みが起こる場合もあるのです。このような症状が現れたり、あきらかに不自然などの失敗を感じたら、早めに美容外科へ相談しましょう。

もし、埋没法に失敗してしまったとしても、「埋没糸抜糸」という美容整形で元に戻す事が可能です。
埋没糸抜糸は名前のとおり、埋没法でまぶたに固定した糸を抜糸する施術を行います。
施術を受ける事で元のまぶたの状態に戻せます。

体験談

東京では目白ポセンシアクリニックや、プリモ麻布十番クリニックで施術が受けられるという事ですが、技術的にはどうなのでしょうか?また、一旦戻した後にもう1度埋没法などの、二重ラインを作る美容整形を受ける事も出来ますか?

おすすめの名医の紹介もしています

もし、埋没法を受けて満足のいく仕上がりにならなかったり、目が開けにくい、痛みがあるなどの症状が現れた場合、埋没糸抜糸という美容整形を受ける事で元の状態へと戻せます。

気になる費用ですが、まぶたの皮膚を固定している糸の数や、もちろんクリニックによっても変わります。
安いクリニックだと2点留めで約3万円程の値段で、施術を受けられるようです。

不自然な目元だと周りに美容整形を受けたとばれやすいですし、精神的なダメージも大きいものとなります。
また、糸が飛び出してしまうと眼球を傷つけてしまう恐れもあるので、早めに埋没糸抜糸を受ける事がおすすめです。
ただ、埋没糸抜糸は医師の高い技術が無ければ、後遺症など失敗のリスクがあると言われています。
未熟な医師が施術を行った場合、固定している糸を見つけられない事さえあるのです。
少しでも安心して施術を受ける為に、東京で埋没糸抜糸を受ける際は目元の美容整形に精通している、評判の良いクリニックを選びましょう。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*