目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目頭切開法の修正、やり直しについての常識とは

目頭切開法の整形手術の修正を希望する人は珍しくありません。その理由はいくつかありますが、比較的多いのは、時間の経過によって元に戻ってしまったパターンです。
目頭切開の整形手術をしても、あまり効果を感じられないことがあります。その場合は時間が経つと元に戻ってしまうことがあるのです。これは人間の体に備わっている回復能力が関係しています。少しの変化であれば回復能力で元に戻してしまうのです。また、術後は満足していたが、数年経ったら効果が無くなってしまう場合もあります。経年とともに顔の骨格や肌の状態が変わってしまうことが原因です。
上記のような事態が起こる原因は、手術前のシミュレーションにあると考えられます。十分に術後の変化を想定していなかったことが影響しているのです。十分に検証していれば、例えば少ししか切開しなくても、元に戻るのを防ぐことは可能です。しっかりとシミュレーションを行い、目頭切開法の手術をし直すことで、元の状態に戻せます。

目頭切開法の修正

手術跡の修正を希望する場合は?

目頭切開法による手術跡の修正を希望する人の中には、目つきが悪くなったこと理由に挙げる人もいます。切開した角度や面積の問題で、目が寄ってしまったり、きつい目つきになったりすることがあるのです。
これは単純に医師の経験やスキルが不足していたことが原因であることが多いです。修正するのが難しい印象を持つ人がいますが、多くの場合は再手術によって解決できます。目頭切開法は一種類ではなく、その中には蒙古襞を再生するものもあるのです。
皮膚の切除の面積が少ない場合は、ほぼ手術前の状態に戻せると考えてよいでしょう。しかし、切除した面積が広すぎると、残念ながら元に戻せないこともあります。その場合でも医師の腕が良ければ、半分程度は元に戻せます。
つまり、この手術は医師のスキルに依存するところが大きいのです。当相談所ではスキルの高い医師を多く把握しています。ご相談いただければ、きっと満足できる医師を紹介できるでしょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*