目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目力アップクイック法のリスクとはどんなものなのか

近頃は簡単に目を大きく見せられるグッズ(コンタクトレンズや二重テープなど)が販売され若い女性などに人気がありますが、それと同時にメスを使わずに目を大きく見せる美容整形も人気です。例えば、黒目を大きく見せる施術や目力アップクイック法と呼ばれる施術は瞼に糸を通して瞼を持ち上げるので傷跡も残らずに気軽に受ける事が出来ます。特に目力アップクイック法は加齢によって瞼が下がってきた方にも効果があり、瞼が下がる事で起こっていた疲労感やだるさといった症状も緩和出来ますのでお勧めです。ただし、これらのプチ整形にもリスクはありますのでカウンセリングや問診の際に確認することが大事です。例えば、術後落ち着くまでは目の開きが大きくなることで眩しく感じやすくなったり、目元の腫れと同時に角膜も腫れ視力が変わったり、左右の開き方が違うといった事も起こります。ほとんどは1か月ほどで治るのですがこのような状態がずっと続くようですとクリニックによっては修正や調整をしてくれます。

目力アップクイック法のリスク

施術時間は30分ほどで終了

近頃人気のプチ整形ですが、中でも目を大きく見せたりはっきりした目元にするタイプの施術が人気です。例えば「目力アップクイック法」という施術方法はメスを使用せず糸を瞼の裏に通して瞼を開いたり閉じたりする筋肉を縮める事で目元をはっきりと見せる事が出来、また、眠そうな目や加齢によって瞼がさがってきた方にも有効です。この目力アップクイック法は施術時間が30分ほどで終わるのと、(個人差はありますが)その日からコンタクトレンズの使用や入浴、メイクといった日常生活に戻る事が出来ますのでお忙しい方にもお勧めです。ただ、このように気軽に受ける事が出来るプチ整形でも本人の状態や慣れない医師の施術によりリスクが起こる事もあります。中でも多いのが左右の目の開き方が違う、眠る際にしっかりと目が閉じない、二重のラインが消えるといった症状で、一般的には腫れや糸が落ち着くと症状は解消しますが、中には数か月たっても治らない場合もありますのでそういった場合は再度医師の診察を受け再施術を行う事も必要です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*