目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目尻切開のデメリット3つは想像以上?

目尻切開には、医師のスキルが低いと傷跡が残ってしまうデメリットがあります。綺麗になるために行った手術によって、傷が残ってしまうのは悔しいと感じる人が多いでしょう。

目尻切開によって残った傷跡を完全に消すのは難しいです。

傷跡を消すための手術もありますが、その手術によって傷跡がさらに目立つようになってしまう可能性も考慮しておかなければなりません。

レーザーを使用した治療を受ければ、多くの場合は傷跡をある程度薄くできますが、完全に消えることは無いでしょう。場合によっては全く効果を感じられないことも考えられます。

そのような事態になるのを避けるため、手術以外で傷跡を目立たなくする方法を選ぶ人も多いです。

特に多いのはメイクで傷跡を隠す方法です。

ファンデーションやコンシーラ―を用いて、シミやシワを隠すのと同じ感覚で、切開の傷跡を隠すのです。

このように傷跡を目立たなくする方法はありますが、やはり傷跡は残って欲しくないでしょう。目尻切開には傷跡が残る可能性があることを認識しておかなければなりません。

目尻切開のデメリット3つは想像以上?

デメリットの方が大きな人もいます

目尻切開は誰が受けても効果的というわけではありません。中にはデメリットの方が大きな人もいるので注意が必要です。具体的には、目が切れ長の人は要注意です。

目尻切開は目頭切開と同様に、目の横幅を広げるための手術です。そのため元から目の幅が広い人が手術を受けると、不自然な広さになってしまうケースが多いのです。

自分が目尻切開を受けるのに適した目であるかどうかを判断するのは難しいかもしれません。その場合は、自分の目尻の位置を確認しましょう。

目尻が眉の外側と同じぐらいの位置にあるときは、それ以上広くしない方が良い可能性があります。あまり効果を感じられないか、かえって不自然になるかもしれないからです。

しかし目尻の印象には高低も関係するので、実際には横幅だけで手術の効果を判断するのは難しいです。

やはり信頼のおける医師に相談するのが最も良いといえるでしょう。当相談所であれば、実績が豊富な名医をご紹介することも可能です。一人で悩まずに、ご連絡ください。

目尻切開のデメリット

意外と知らない?デメリット:後戻りするってどういうこと?目尻切開How to

後戻りが起きてしまう可能性はあるのか。

目尻切開による目の横幅に関する美容整形では、後戻りが起きてしまう事があります。切開部分の癒着や治癒する過程での縮みが原因としてあり、再度手術を行う必要があります。

必要以上に切開してしまう事は、結膜が露出してしまう原因にもなるため切開の程度を見極める事が求められる美容整形法です。

シミュレーション時にトラブルを考慮した内容になっているか、戻ってしまった際のアフターケアに関して確認をしておきましょう。

変化・効果が無いというケースもあるのでシミュレーションは重要です

目尻切開を行ってもどの程度開くかによって効果の感じ方が変わります。特に、目尻に隠れている白目があまりなく、あまり開く事が出来ない場合には、効果を感じにくくなります。

切開してから効果を感じないという事が起きないためにも、なるべくシミュレーション時になどに詳しくどの程度の切開が可能か確認をしておきましょう。必要であれば、目尻と目頭などを合わせた美容整形を行うなど、クリニック側にも提案をして貰うようにする事が大切です。

ピンク色の結膜が見えてしまう場合に考えられる原因とは

ピンク色の結膜が見えてしまう場合には、目尻の切開部分が大きすぎる事が原因です。元々の白目部分がどの程度隠れてしまっているかによって、切開する幅を決めるため限度を超えての大幅な切開は結膜の露出を引き起こします。

自分では白目部分がどの程度隠れているか、理想とする目元にどれほど近づける事ができるのかも判断できないため、クリニックや病院側の手技の熟練度や経験数に左右されてしまいます。

目尻切開に熟知した名医を紹介します

目尻切開を受ける上でデメリットを把握し、症例数や経過観察を確認しカウンセリングやシミュレーションを受けましょう。

切開後の目元の印象が不自然にならないために、単一での切開による横幅だけでなく上下にも広げて整える事が大切です。こうした単純切開を行うクリニックなどは避けて、個々に合う目元を提供してくれる所を選ぶようにしましょう。

自分では名医の探し方が分からないという場合には、お気軽に当相談所までご連絡ください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*