目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目尻切開の効果となりたい芸能人の例を解説

目尻切開は、瞼の外側の部分を切って広げ、伸ばすことで目を大きく見せる手術です。

目尻切開をする際には注意しなければならないことがあり、人によって効果の出方に違いがあるということです。

この手術のポイントは、隠れている白目を見えるようにすることで、目を大きくさせることです。

そのため、すでに白目が隠れていない人は手術を行なってもほとんど効果が無いとされています。

一般的な基準として、目尻を引っ張ったときに白目が1.5mm以上見える人にはおすすめとされ、目尻を引っ張ってすぐに赤い粘膜の部分が見えてしまう人の場合には、手術をしてもあまり意味が無いと言えます。

目尻切開をする際には、まずは自分で隠れている白目の広さを確認してみましょう。

目を大きくするための手術には他にもさまざまな方法があるので、ほかの手術と組み合わせて行なうことも出来ます。

医師などとカウンセリングや相談などをして、自分に合った施術方法を考えることが重要となります。

目尻切開の効果

個人によって効果の差

目尻切開はよほどのことが無い限り失敗するということはありませんが、個人によって効果の差が生じてしまうことは知っておく必要があります。

目尻切開を行なう場合に気になるのが、手術後の経過やダウンタイムだと言えます。

手術の後は一週間ほどで抜糸が必要となり、途中で目尻のあたりや白目の部分に内出血が起こることがあります。

ただ、内出血は約一週間ほどで治まるのでさほど心配はいりません。また、傷跡に関しては目尻は元々目立たない場所なので、傷跡もほとんど目立たないので安心して施術を受けることが可能です。

これら以外にも結膜浮腫と呼ばれる白目がゼリーのようにふくれる症状が起こることがありますが、これも一週間程度で治まります。

切開をした部分には、まつ毛が無い状態になるのでそこはアイメイクなどでフォローすることで自然な形になります。

抜糸した翌日からアイメイクはすることが出来るので、手術をする時期などはよく考えて行なうことが大切です。

Hyde(ハイド)のような目を作る整形とは

Hyde(ハイド)の二重は特集が組まれるほど人気でクローズアップされています。

目頭から切れている、つまり離れて二重のラインがはじまって、最後は横に流れるラインだけれども深みがあるんです。

そして涙袋もふっくらしてますよね。

涙袋がはっきり厚みがあると、大きく見えますし可愛らしい印象になります。Hydeの場合、中性的な顔立ちで綺麗という形容詞が似合います。
この様な平行二重と、二重ファンからは言われてます。

平行2重の人はすっぴんでもラインがはっきりしますので、すっぴんの自分に自信が持てるようになります。すっぴんがキレイな女性は誰でも憧れますよね。

では、Hyde(ハイド)のような2重になるにはどうしたらよいのでしょうか?アイプチやアイテープでは難しいでしょう。

プチ整形ですと2点留めや3点留めですので末広がりな2重が出来上がり、Hyde(ハイド)とは違うタイプの2重になりますので、プチ整形でも難しいでしょう。

Hydeのような2重になるには元々のお顔立ちにもよりますが、全切開法+目頭切開+目尻切開、涙袋にヒアルロン注射が基本ではないでしょうか。

元々鼻筋が通っていて鼻が高く、眉間の間の間隔が狭い白人圭の顔立ちのHydeなので、日本人のお顔をHydeのように整形するには複数の手術を取り入れる事が必要になります。

どのような美容整形を行えば良いのかは、元々のお顔立ちによって変わってきますので、まずは専門の先生にご相談するのが一番確実です。美容整形を数多く施行された医師には経験から得られた知識がたくさんありますので、的確なアドバイスをしてくれます。

自分がなりたいと思う理想の2重になれた時には、外見にも自信が持てますし内面も美しく変われるでしょう。

つり目形成を行っている美容外科を教えます

つり目にするためには目尻切開を行うことが適していて、垂れ目で悩んでいる人や切れ長の大きな目にしたい人にも有効性がある方法です。

目尻の白目部分が隠れていることで目が小さく見えている場合にも、広がりがありますから印象的な目元に変化させることも可能です。

局所麻酔により、痛みをほとんど感じることなく手術が行えます。

5mmほど切開して縫い合わせる形でつり目に見せることが可能です。施術時間は20分ほどで、傷口以外の部分は翌日からメイクを行うこともできます。

目が横に広がることで目尻からこめかみまでの距離が縮まり、顔が小さくなったように感じられる効果も期待できます。5日後ぐらいに抜糸を行い、腫れは少ない方ですが、1週間程度続く人もいます。

左右で目の幅や目尻の高さが違う失敗や、結膜や眼球を傷つけてしまう、瞼の開閉に支障が出ることもありますし、瞼に不自然なたるみができてしまうことも考えられるので、技術のある医師のもとで受けるべきです。

目尻切開・つり目形成は、顔のバランスを考えて行うことが大切であるため、医師の感覚に左右されやすく慎重に選ぶことが基本です。

評判が良いつり目形成のための目尻切開が行われているクリニックであれば、考えられる失敗のリスクを避けて、理想とする目尻の実現に期待が持てます。

カウンセリング時には自分の考えをはっきりと伝えて、デザインを医師任せにしないことも後悔しないためのポイントです。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*