目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目尻切開を失敗したらどうなるのか3つまとめ

目尻切開で失敗する可能性は、ほかの美容整形術と比較をするとリスクは低いとも言えます。それは美容整形の手術の範囲が、比較的狭くて小さいというのも理由です。手術の過ちや後遺症などといった二次的な症状は、それほど強くは心配しなくてもよい手術でもあります。

とはいえ個人差や意識の違いがあるために、目尻切開の手術の結果に満足ができなことは、美意識が高い人ほど、少なからずあるものです。

ほかの美容整形術と同様に、目尻切開の手術をする前には、ドクターとの入念なカウンセリングを行うことになります。実際に手術をしてからの完成のイメージを、念入りにデザインしてから始めます。

ドクターとのカウンセリングやシミュレーションが、本人にとって十分ではなかった場合には、後悔が出てくることはあります。

手術を終えてみると二重のラインが強く出てしまうことで、とても不自然になることも考えられます。手術をして目は大きくなったものの、不自然に目と目が近寄って見えるために、顔の全体的なバランスが悪い見た目になることもあります。

目尻切開の失敗

目尻切開に失敗、後戻りしてしまった…場合

目尻切開の失敗例についてまとめてみました。カウンセリングで歯説明されていないことも多いのでこの機会にチェックしてみてください。

変化・効果が無いこともある

目尻切開は、変化・効果が無いこともあります。目尻を切開する範囲によって大きく異なる治療内容になっていて、切開する範囲が短い場合には、効果が無い場合もあるため、しっかりと仕上がりを計算してもらいながら治療をしてもらうことが大切になっています。

患者一人一人の目の状態をしっかりと確認してくれて、よいデザインを考えてくれるような医師を探し出すことが重要なので、いろいろと調べておくことをすすめます。

後戻りしてしまうことがある

目尻切開は、未熟な医師による治療の場合は後戻りしてしまうことがあります。正しい内容の治療をした場合には、後戻りすることがありませんが、目の状態を把握しないで治療をした場合には、後戻りが見られてしまうことがあるため、注意が必要です。

治療に失敗した時の保障内容などを確認して、しっかりと保障を施してくれるところを探して治療をしてもらうことも大切になっているため、いろいろなところを比較する必要があります。

ピンク色の結膜が見えてしまう

目尻切開は、ピンク色の結膜が見えてしまうこともあります。目尻を切りすぎてしまうことによって起こるトラブルであるため、人それぞれの目の状態に合わせて、切開してくれる医師を選択することが大切です。
白目と結膜の境界線を確認してもらうことが大切になっていて、いろいろな診療によって、目を確認してから治療をしてもらうことが重要になっています。また、目の状態によっては、違う方法で、目を大きくしてもらうことも検討することも必要です。

目尻切開に失敗した場合の修正

目尻切開に失敗した場合の修正ですが、目尻を切り足りなかったのであれば、それは比較的簡単な修正はできます。最初の美容整形の目尻切開の手術から、時間をしばらくおいてから、気になっているところをもう一度、切開の手術を受ければいいです。

目尻切開の失敗

しかし問題となってくるのは、目元を切りすぎてしまったパターンになります。再生手術という手法が用いられて、目の周りの皮膚を利用しての手術もあります。修正手術にはドクターの高レベルな技術力が要求されます。安さだけで美容クリニックを選ぶと、後で痛い目にあるので要注意です。修正手術に特に長けている美容クリニックと、腕のいい実績もあるドクターを探す必要があります。

ですが最初の美容整形の手術で、すでに皮膚を切り取りすぎの場合は、基本的な修正ができないことがあり、その場合は美容クリニックでも断られてしまうことも考えられます。

目元周辺部分以外の皮膚を利用するといった方法もありますが、そうなると負担は非常に大きくなります。もっと掘り下げて言えば、こうした高レベルの技術を持ったドクターは、実に限られています。

当相談所では、おすすめクリニックとランキングをまとめています

比較的頻繁に行われている手術なので施術例もたくさん紹介されていますが、自分の顔を実際にモニターに取り込んで術後のイメージを確認しておかないと希望通りの仕上がりにならず失敗したり、たれ目具合が足りなかったり切りすぎて極端な見た目になってしまうこともあります。

医師の技術や知識、そしてセンスによって仕上がりに大きな差が生まれてしまうのです。
ですので、大阪で施術を受ける際は実際に施術を受けた患者の口コミや、カウンセリングを受けるなどして評判の良い、クリニックをじっくり探す事をお勧めします。

名医に治療を頼むこと

目尻切開は、メスで目尻を切るような治療方法であり、目を横長にして、大きくしていくことが可能になっています。しかし、目尻を切らな過ぎても、切りすぎても、理想的な目に仕上がることがないため、医師の技量が重要になっているため、注意する必要があります。治療経験がたくさんあって、たくさんの形の目を理想的なものに変えてきた名医を探して治療を頼むことが重要になっていて、情報を集める必要があります。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*