目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

三日月法(目頭切開)の名医かはどう確かめる?

三日月法(目頭切開)とは、目頭の皮膚を三日月状に切開し、切除する方法で、多くの美容外科で行われてきた方法です。
三日月法(目頭切開)は、蒙古ひだの部分を切除するだけなので、簡単な手術です。
手術時間が短いため、腫れも少ないといったメリットがあります。
軽度の蒙古ひだのかたには適している方法と言えます。
三日月法(目頭切開)のトラブルで多いのは、傷跡が目立つ、効果がなかった、目頭が開きすぎた、平行型になりすぎたなどです。
三日月法で目頭切開をしたがほとんど開かず、効果がなかった場合は、三日月法の再手術を行うか、Z法で開き直します。
手術跡が目立つ場合は、目頭切開を戻す手術を行います。
目頭が開きすぎた場合は、逆Z法で戻します。
三日月法は簡単な手術のため、未熟な医師でもできてしまう術式です。
この為、トラブルが多くなります。
未熟な医師に施術を受けることにならないよう、十分注意し、万が一修正手術が必要になった場合は名医に相談しましょう。

三日月法(目頭切開)の名医

カウンセリングをおろそかにするクリニックは避けましょう

三日月法(目頭切開)で失敗しない為には、技術が高いクリニック、ドクターを選択しなければなりません。
そもそも手術の難易度は低いので、失敗した場合は、医師の技術が未熟であると考えられます。
このため、同じ医師に修正、再手術を依頼するのは危険だと言えるでしょう。
修正手術の名医を探して相談するようにしましょう。
また、充分なカウンセリングが行われなかったため、どの程度の切除が必要なのかを把握しないまま手術に望んだ為、失敗してしまったということもあります。
カウンセリングをおろそかにするクリニックは避けたほうが良いと言えるでしょう。

三日月法(目頭切開)のメリットは華やかな印象の平行二重や、幅の広い二重が作れる点です。
大きくぱっちりとした目元になり、目と目の間の距離を近づけることができるため、大人っぽい印象になります。
手術が成功した場合のメリットは大きいので、失敗しない名医を探すことが大切です。
名医かどうかを判断する為には、修正手術ができるかどうかを尋ねてみるのが確実かもしれません。
修正手術ができないようでは、初回の切開手術も完璧にはこなせない可能性が高いのです。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*