目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

三日月法(目頭切開)にはリスクがいっぱい!?

目頭切開の方法には、Z法、W法、三日月法(目頭切開)などがあります。多くの医師が採用している手術はZ法で、三日月法(目頭切開)は比較的古い方法です。三日月法(目頭切開)のメリットは蒙古ひだの部分を切除するだけのシンプルな手術で、手術時間も短いため腫れることが少ないです。蒙古ひだが極めて軽度の場合には適した目頭切開の方法で、取り除く皮膚の長さや量を調節しやすいことなどが特徴的です。デメリットは、目頭切開して縫合せるシンプルな方法なので、元に戻りやすいリスクがあります。人の組織は元に戻ろうとする作用があり、目頭切開で手術をした傷は、元に戻ろうとする作用に抵抗しますが、蒙古ひだが多い場合に三日月法で手術すると、元に戻る力が勝ってしまうことがあり、蒙古ひだが後戻りする可能性があるのです。傷が残るリスクもあります。1本の傷になるため、シンプルな傷跡と考えることもできますが、傷が1本の場合、ひきつれを起こし目立ちやすいということに繋がります。

三日月法(目頭切開)のリスク

理想の瞼にするための手術計画を立てることが重要なポイント

三日月法(目頭切開)のメリットはシンプルな手術で、手術時間も短時間で腫れることも少ないのですが、後戻りするリスクがあるため、極めて軽度な蒙古ひだの場合には適した手術法と言えます。Z法やW法は、三日月法(目頭切開)によるひきつれを予防することができる目頭切開法なので、後戻りというリスクは抑えることが期待できます。
目頭切開で失敗するリスクもあるため、失敗しないためには、医師と理想の瞼や二重についてのイメージを共有することが大切で、その理想の瞼にするための手術計画を立てることが重要なポイントです。
目頭切開だけではなく、平行型の二重まぶたを希望する場合には、埋没法などの二重形成を組み合わせることで希望する瞼にすることが可能になります。
目頭切開は、蒙古ひだを取り除く手術で、目を大きくしたい、切れ長の目にしたい、目と目が離れているなどを改善したい場合に良い方法です。三日月法(目頭切開)は極めて軽度の蒙古ひだに適していますが、W法やZ法よりも古い施術法なので、医師やクリニックを選ぶ際には、目頭切開の方法にいくつか選択肢があり、事前のカウンセリングをしっかり行なう医師を選ぶことが大切なことです。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*