目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

損をしたくないのならミニZ法(目頭切開)の料金相場を知っておこう!

目頭切開術は、「目の横幅を大きくしたい」、「平行型の二重まぶたにしたい」「目と目が離れているので狭くしたい」などの要望に対して行われる手術です。
目頭切開術にはW法、Z法、リドレープ法があります。
一般的に行われているのはW法ですが、これは皮膚を切り取る術式の為、傷が大きくなる傾向があります。
これに対して、ミニZ法(目頭切開)は蒙古ひだの皮膚を切除することなく、立体的にずらして入れ替えまる方法ですので、切開線が最短で傷跡が目立たず、自然な仕上がりとなります。
目頭切開を考えていて、ミニZ法(目頭切開)とW法どちらが良いか迷う場合があります。
そのような場合には自分では判断できないこともありますので、クリニックに相談しましょう。
目頭の蒙古ひだの状態や希望の二重のライン、希望の目の形などによって、どちらが適しているかは、個人によって違います。クリニックで診察してもらい、どちらが適しているかのアドバイスをもらって決めるようにしましょう。
また、手術を受ける前に、ミニZ法(目頭切開)の料金相場を知っておきましょう。

ミニZ法(目頭切開)の料金相場

料金相場は25万円前後が目安

ミニZ法(目頭切開)料金相場はそのクリニックの技術力により変わってきますが、25万円前後が目安と言われています。
また、麻酔によっても料金に差が出ます。
手術の際には、局所麻酔か静脈麻酔が適応されますが、静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
静脈麻酔は局所麻酔のみと比べて、痛みがないので、リラックスして手術を受けることができます。

ミニZ法(目頭切開)の失敗例は、必要以上に傷跡が残ってしまった、切除しすぎて整形したことが一目で分かってしまう、切りすぎてしまい寄り目になってしまった、などがあります。
目頭を切り足りなかったため、効果を感じられなかったという例もあります。
切り足りなかった場合は、もう一度目頭切開手術を受けることで修正することができます。
しかし、切りすぎてしまった場合は修正がかなり難しくなります。
ミニZ法(目頭切開)で失敗して修正手術を受ける場合は、どのような術式で目頭切開をしたのかを確認したうえで、医師と修正手術の方法について検討していくのが良いと言えます。
料金の安さで決めるのではなく、始めから失敗しない技量の高い医師を選択するようにしましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*